1/13/2019

布団の中から出たくない

ちょっと前にYouTubeを徘徊していて見つけて、あまりのクオリティの高さに何回も見てしまったというビデオであります。



まあタイトルの通り寒い日にいかに布団の外に出たくないかという葛藤についての歌なんですけれど、これって日本の住宅状況をとってもよく反映しているなーと思ったのです。

というのもアメリカの住居はだいたいセントラルエアコン・ヒーティングなのでエアコンもしくはヒーターを付けると家じゅうがくまなく涼しい・あったかいんですね。どの部屋に行っても(廊下ですら)適温なのです。

だからこの歌みたいに部屋から出たらうぉー寒い!ってことはまずない。素晴らしいでしょう?素晴らしいと思うでしょう?

これが別に素晴らしくないんだな。なぜかというと人がいない部屋も無駄にあっためないといけないから資源の無駄なんですよね、電気代(もしくはガス代)もかかるしね。

昔古い一軒家に暮らしていた時は冬場のガス代の請求が高くて怖かったので、デロンギのラジエーターヒーター(オイルヒーターですね)を生活している部屋へ引っ張っていってそちらをメインに使っていました。昼間はリビングで、夜寝るときは寝室へ持っていって一部屋だけあっためながら寝るという。日本だと当たり前のことなんだけど。

今はバス自体がワンルームのアパートメントみたいなもんなので、冷やす・あっためる面積も小さくてすむしちょっとは使ってる電気の量が減っているといいなぁと思っています。

余談ですがこのビデオを見てからというもの、1日の終わりに仕事から帰ってきた夫に「今日はどんな日だった?」と聞かれた時に「あはは、なーんにもしなかったー!」と答えても「そっかぁー、でもお布団からちゃんと出てえらいねー!」と言ってもらえるようになりました(笑)

コウペンちゃんはかわいいし、歌は面白いし、もしよろしかったらぜひ見てみてくださいませー。和みまっせ!

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事