1/23/2019

【新しい習慣】白湯を一か月飲んで変わったこと

毎日白湯を飲むと身体にいいらしい、ということを聞いて、単純にじゃあ白湯飲んでみよう!と思ったひと月前。

白湯を飲む習慣をつけるのは割と簡単でした。今までお水やお茶を飲んでいたところをたまに白湯に変える、くらいの気軽で、今迄だったらお茶のために沸かしていたお湯をそのままカップに注いでふーふーしながら飲んでいます。

あと今年は水をちゃんと飲もうと思って1日64OZ(2リットルくらい)飲むのを目標に年始から習慣トラッカーで記録を付け始めてみたのですが、結論から言うと別に努力しないでも普通に毎日2リットル以上水分を取っていることが判明し、なぁんだという拍子抜けの結果になりました。

ランニングや運動をした日にはもっと飲んでいるので、夏とか普通に1ガロン(3.9リットル)くらい飲んでいそうです。


で、お白湯。よく白湯を飲むと冷え性が直るとかお通じがよくなる、なんて聞くんですけど・・・白湯を飲むようになって何かが変わったか?というとあんまり変わりませんでした。

なぜか?

なぜならわたしはもともと冷え性でも便秘気味でもなく、毎日野菜をもりもり食べて、割とまめに運動したりして、水分もたくさんとっているので何ならお通じも一日数回あったりして、とどのつまり割と健康だったのです。

でも鉄瓶で沸かしたお湯がわりと甘くて美味しいことがわかり、冬にこれはいいわねぇというわけでお水をごくごく飲むかわりにお湯をふーふーして飲んでいるというわけです。

夫には「日本人はお湯をそのまま飲むんだねぇ!」と驚かれたので「でも健康にいいらしいよ」と言うと「日本人は健康志向だなぁ」と言って笑っていました。

そんなわけでお白湯を飲むと何かが変わるかというと、別にあんまり変わらなかったなぁというのが健康体のわたしの正直な感想でした。でも身体には多分いいんだろうと思うので、冬の間はしばらく続けてみようと思っています。


↓超久しぶりにブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事