1/15/2019

Instant Potを買おうとしてやっぱりやめた話

年末年始、インターネットをぶらぶらしていて電気圧力鍋を紹介している記事を見て、いいなぁ欲しいなぁーと思いまして。

アメリカでは今Instant Potという名前でいろんなのが出てまして、YouTubeにもレシピビデオがあったりして割と旬な家電と言ってもいいと思います。

そもそもきっかけは、家でヨーグルト作って増やしたいなぁというだけだったんです。で、アマゾンでヨーグルトメーカーを探していたところ、インスタントポットにヨーグルト機能が付いてるらしいということがわかりじゃあそっち買おうかな!ってなったんですね。


Instant Potはこういう炊飯器みたいな見た目で、まあタイマーや自動メニューのついたこじゃれた圧力鍋という感じです。

もう買う気まんまんであれこれメーカーや値段を比較していたのですが、ふと「そもそも我が家でこれ買って使うか?」という疑問にぶち当たり、結論としてはヨーグルトと玄米炊くくらいにしか使わないよなぁということになりました。

若い頃日本で一人暮らしをしていた頃は、圧力鍋を使って鶏肉のトマト煮込みとか、豚の角煮とか作っていたんですけど、結婚して8年、一度も圧力鍋を使う必要性を感じなかったので購入の機会もなかったのです。日々ゴハンを炊くのはお鍋で間に合っているし、我が家ではお肉を食べないのでもし圧力鍋があっても玄米を炊く以外に特に用途が思いつかない。野菜スープとか豆を煮たりとかにも使えるらしいのですが、それはすでに我が家にある鍋で賄えるので別に圧力鍋じゃなくても大丈夫。

圧力鍋で炊いた玄米はプチプチしていてたいそう美味しいというのでちょっと惹かれるところもありますが、そのためだけに決して安くはない電気鍋を買うというのはどうか・・・と思うとま、いらねーか、と。

最近ではお店で電気グリルを見ていて「これがあったら家で美味しいパニーニが作れる!」と思って欲しくなったものの、やっぱりいらないという結論になって家に帰ってきました。こういうことが最近はなんだか多くて、人はたぶん「これを買ったら新しい生活ができる!」という憧れのためにこういう家電を買うんだな、と思いました。

それはそれで楽しそうですが、我が家には本当に限られたスペースしかないので(笑)これを買ったらすぐに使う!毎日でも使う!というものでないと結局買っても多分使わないんだろうなぁ。

肝心のヨーグルトですが、あっためたミルク(うちは豆乳)にヨーグルトを入れて混ぜて、瓶にタオルぐるぐる巻いて気温を保ってあげるといいらしいということを後日聞きまして結局ヨーグルトメーカーも買いませんでした。そんなんばっかりですね、最近。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事