1/06/2019

RVパークのお家賃の話

今日はRVパークのお家賃の話をします。

まだバスで暮らして8か月なので数か所しかRVパークというものを経験する機会がなかったのですが、家賃の額はロケーションによって大きく左右されるようです。普通のアパートメントやおうちを借りるときの家賃と同じですね。

で、今住んでいるオクラホマの超田舎のRVパークだとお家賃は月375ドル(水道代、電気代、ゴミ処理代込み)。これがその前に住んでいたフロリダのメキシコビーチという海沿いのリゾート地だと月700ドルでした。ほぼ倍ですね。

リゾート地のRVパークは目の前がビーチというとっても美味しい立地だったのでこんなものかなぁと思っていましたが、残念ながらこのメキシコビーチは今年10月にハリケーン「マイケル」によって壊滅状態になってしまいました。美しい小さなリゾートタウンだったので悲しい。

さて、オクラホマのこのあたりでワンルームでもいいのでアパートメントを借りて暮らすとなるとまず保証金(うちはペットがいるので多分ペットの保証金も別途)、あとは当然毎月光熱費と水道代がかかります。アパートメントだとゴミ処理代は家賃に含まれていることが多いですが、お家賃は安くても500ドルから800ドルくらい、電気代は高い月だと100ドルから200ドルくらい、水道代は2か月ごとに70ドルくらいかなー。このへんの相場がわからないのでなんとも言えないけど。

ということを考えると全部込みで375ドルはべらぼうに安いといっていいんじゃないかと!日本でわたしが学生時代暮らしていたどくだみ荘(古いよ)顔負けのアパートが家賃3万3千円で光熱費は別途請求だったもん。しかも20年前の話だし。

我が家は転勤が多く数年ごとに引っ越しするので家ごと引っ越しができるこのバス生活は向いているのかなぁと思っていますが、そうは言ってもそんな狭いところに暮らせないよっていう方もいっぱいいるだろうし(日本のワンルームマンションくらいの面積)、皆にこの暮らしをおすすめできるかというと「向き不向きはあるかも」という感じです。

あとは夫婦仲がよくないと難しいかもしれません(笑)お休みの日とかずっと一緒なので。でもハリケーンで避難するときも転勤で引っ越しするときも荷物をささっとまとめて移動ができたので、そういう点ではなかなか合理的なのではないかなぁと思っています。お金も貯まるしね。


0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事