2/24/2019

この世の8つ目の不思議

「この世界の第八の不思議は複利である。それを理解できるものが複利を得ることができ、できぬ者は複利を支払うこととなる。複利はこの世の最も強力な力である」
-アインシュタイン

という有名な言葉がありまして。最初に聞いたのは金融関係のポッドキャストかなんかだったと思うのですが、雷に打たれたような衝撃があったのを覚えています。

というのもね、ある日夫と銀行の明細を手に一緒に今まで支払ってきた住宅ローンの金利を計算したら泣きそうになったからなんですよ。毎月1350ドル(支払い最低額)のうち、1000ドル以上は利子で持っていかれて、元本が全然減らないったらありゃしない。

年間こんなに利子に払ってんのかー、とバカバカしくなって家を売ってしまったのは皆さんご存知の通りかと。家が無事に売れて晴れて借金ゼロになった日、夫とふたりで「もう一生、絶対にローンは組まない」と誓いを立てました。

この場合のポイントは「一生家を買わない」ではないんです。将来的に家を買いたい、と思ったら多分我が家では現金で買える1500万から2000万円くらいの家を買うだろうと思います。そのためにはそれだけ現金がないといけないので、頑張ってお金、増やします。

となると住宅価格の高いカリフォルニアとかにはたぶん一生家を買えないけど(笑)

もし転勤族じゃなかったら、どこかに手頃な修理の必要な家を安く買って、直してずっと住むっていうのもいいなぁと思うのだけど、その日は当分来なさそうです。


今の目標は余剰金で投資をしつつ、長期的に複利を得ることです。アインシュタインの言った通り、複利を理解できないうちは残念ながらその対価を支払うことになっていたので・・・これからは、複利を利用してお金さんに働いてもらいたいなと思っています。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

1 件のコメント:

  1. アインシュタインのその言葉知りませんでした。なるほど、本当によくできた仕組み、単利に対して複利。無知であることはやはりよくないですよね。

    私の祖母も母も、現金主義でローンは組まない人でした。車はもちろん一括現金で。我が家も新車を一括で買いました。トヨタ車でもう10年たちますが、まだまだ乗れます。
    母も祖母も専業主婦で祖父も父も一般的な公務員で高給取りではありませんが、家を建てるのも一括現金支払いでした。それまでは格安の公務員住宅でした。社宅?のような。
    そして私が結婚し、共働きしていた頃、子どもも生まれたので、早く家を建てようと考えていたのです。土地代建築料で4000万くらい。頭金がその頃1500万くらい用意はできていたので、残り2000万以上はローンを組む予定でした。
    月の支払い、ボーナス払いの額によりますが30年ローンですね。
    それが私たちの職場、ご近所さんの間でもごくごく一般的なわけです。
    でも、今思いとどまっているのです。
    以前、家を建てようと不動産を回っていたら、私たちが納得できる土地がなかなか出てこず、しびれを切らした営業さんが、我が家のアパートの家賃×住んでる年数を計算して、これだけ無駄に払い続けてますよーと言われました。そんなのは営業さんが算出しなくてもわかっていることでしたから、別に、、、。しかも日本は全国どこでも地震が起きる可能性が高いから、私は紹介された土地の成り立ちを国土地理院のホームページで調べるのです。営業さんがここは地盤がいいですよ!と言うけど、本当?と私は疑ってしまうのです。
    調べるとお勧めしてくる土地はかつて湿地帯とかかつては池や川だったとかよくあるんです。これは地震だけでなく水害時にはあっという間に浸水してしまいます。それを営業さんに見せたら、国土地理院での調べ方教えてください!とか言う始末。営業ってこの程度の人もいるんですよね。

    現金で4000万を用意できるまで待つわけではなく、ちょっと恐ろしくなってきたのです。4000万も支払ったとしても、年齢と共に子どもの教育費は増えていきますし、貯蓄もしていかないと老後破産します。退職金だけではやっていけないし、今日本でも定年はどんどんと伸びて、80過ぎても会社員みたいな人やアルバイトされる方がゴロゴロいます。年金受給開始時期もどんどん遅くなっていくシステム。
    総理大臣は一億総活躍!とか言い出して、恐ろしい。死ぬまで国民全員は働け!ということです。一億総活躍って、戦時中の一億総玉砕のスローガンに似てます。
    その前の総理は、国民の休眠口座は国が吸収してしまおうとか言い出したりも。(実際には施行されていませんが!)それを聞いて若い頃バイト先の振込の関係で、口座を作った銀行の通帳がいくつかあって、バイトをやめたらその銀行に用はなく、でも残高はいくらかあるわけで、それを全部解約しました。
    銀行は言ってみれば金貸し屋で、みんなが借金しないと成り立たないものです。
    今は金利も低く、貯蓄しても増えませんし、逆にお金を降ろす時に手数料を取られることの方が多いかもです。
    とはいえ、我が家もいつかはマンションか戸建建売か注文住宅をと思いますが、なるべく身の丈にあった家にしたいと思います!

    返信削除

人気の記事