4/30/2019

お金を使う時は笑顔で使いたい

いやぁ4月は本当にたくさんお金を使いました。


タイヤの交換をしたし(800ドル弱)携帯が壊れて買い直したし(中古で360ドル)食費もぜんぜん予算では足りなかったし、まだ届いてないけどルンバ注文しちゃったし(300ドル)しかも夫が数日前キーボードを買いました(370ドル)。

あと数週間前の話でもううっすらしか覚えてないけど(←年寄りか)結婚記念日があったので外食したりヘアサロン行ったり、お買い物したりしました。


ほわぁー、いっぱいお金使ったなぁ!!

でも美味しいものいっぱい食べたし、楽しい思いもしたし、ずっと欲しかったものが買えてわたしも夫もとっても満足です。ちなみに夫はキーボードを買って趣味で作曲がしたいんだそうです。若い頃バンドでドラムを弾いていたし、音楽が好きなのでとっても嬉しそうでした。

YouTubeのBGMに使える曲を作ってあげるね!と言ってくれましたが実際に使えるレベルのものができるまでに一体どれくらいかかることやら??(笑)


いっぱいお金使っちゃったので、5月はちょっとお財布のひもを締めて倹約していきたいと思います。あるもの食べよう!!


ここで「あぁ、こんなにお金使っちゃって・・・」と落ち込むのは簡単ですが、我が家では「楽しいこと、嬉しいことにいっぱいお金を使えてよかったね!」と言い合うことにしています。

お金を使うときは、自分たちがそれに費やせるお金を手元に持つことができていることに感謝し、そのサービスなり商品なりを提供してくれる誰かに感謝し、気持ちよく楽しく嬉しく使いたい。


うまく言えないのだけど、お金の方だって誰かを幸せにするために使われた方が嬉しいに決まっている、ような気がするのです。だから、減っちゃったお金のことを考えてしょんぼりする代わりにそのお金と引き換えに手に入った幸せについて考えて喜べばいいのだ!


ところで、よく金融関連のブログで「お金は使えば入ってくる」というフレーズを見かけますが、これは「手元に使えるお金があった場合」に限られるとわたしは思っています。

借金をしてまでお金を使っても、それはマイナスの残高と引き換えに何かを手に入れているに過ぎない。それでは、お金は回っていかないんじゃないかなーと勝手に思っているのですが。



↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4/29/2019

ルンバぽちしました

少し前にあーだこーだと言っていた義兄宅訪問ですが、予定通りわたしは残り夫ひとりで出かけていきました。結局金曜日の夕方出て、月曜日の夕方帰ってくるので3泊4日。

うーん、3泊4日はやっぱりウサギも心配だし、無理だなぁ。帰ってきたらめっちゃ散らかってそうだし。


うさぎ、基本的にはちゃんとおトイレを使ってくれるのだけど4匹もいるとね、落とし物もけっこうあるんです(笑)昼間はマメにほうきとちりとりで掃除したり(※朝イチで毎日掃除してます)しているものの、夜中起きてあっち行ったりこっち行ったりしているみたいでその分は朝起きると割と散らかっていたりして。

あ、うちのうさぎは完全に放し飼いです。


こないだルンバを注文しました(まだ届いてないけど)。スケジュールを設定したらその時間になったら勝手に掃除してくれるというやつです。

我が家には自動給餌器もあって、朝6時と夕方4時になると自動でペレットを出してくれるのでめっちゃ重宝してます。たまに出かけていると夜まで帰れなかったりするので。


で、ルンバを買ったのは家を空けた時に誰かにうさぎのエサをやりに来てもらうとしても、あんまりに床に落とし物が散らばっているのはどうかしら・・・ちょっと、引くかなぁーと思ったからなのですね(;^_^A 自動でスケジュール設定した時間になったら床だけでもロボットが掃除機かけてくれたら見た目が全然違うかなと。


今年、できれば短期間でも一度日本に帰ってオカンの顔を見たいなと思っているんです。となると、最低でも1週間、長かったら2週間くらい家を空けないといけないのでそのへんも考慮して夫と話し合って決めました。っていっても夫はいつも「君が欲しいものはなんでも買っていいよー」って言うんですけど。

※なんでも買っていいよと言いつつ、事前に稟議のお伺いを立てるとたまに却下されることもあります(笑)2台目のカメラとか。YouTubeの収益で買ってもいいんだけど。


実は食洗機を買ったときに「あなたは食器も自分で洗わず、冷凍食品をあっためて出したり、食事もいつもワンプレートで、子供もいないのに1日中家で何をしているのか」とコメントで言われたことがありましたが(消しました)、ふふふ、掃除ロボも買っちゃったぜー。

こういうコメントがあってねーと夫に笑いながら話すと「僕が妻に求めるのは3品揃ったご飯を出してくれることじゃない。僕には僕の求める条件があり、君が僕のニーズを満たしてくれる限り君は僕にとっては良き妻であるからして、そういうのは気にするでない」と言われました。まあアメリカではそれこそ1970年代から食洗機はどの家庭にもあるしね・・・。

要は洗濯機みたいなもんだと思えばいいんですよね。だって、今時手でお洗濯していたら「ちょっと、洗濯機買えば?」ってなるよね。しかも昭和と違って今や全自動が当たり前だし(実家では1980年代に二槽式を使っていた覚えが・・・)。


苦労して、時間をかけて、肩身の狭い、大変な思いをしないと「いい奥さん」になれない、ってこともないと思うんです。お料理が好きで何品も作るのにやりがいを感じる人もいるし、ゴハンはおなかに入ればOK!って人もいる。まあ、そのあたりは旦那さんの期待値というかプレッシャーにもよるのかもしれませんが。

逆に、もし日本でよくあるみたいに奥さんは家事育児を完璧にやるけれど疲れ切っちゃって夫婦生活がもう年単位でない、みたいになっちゃった日には我が夫には即刻離婚を申し渡されると思います。人によって「よき妻」の定義は違うということでいいんじゃないんでしょうか。夫婦の数だけ正解があっていいんですよ、きっと。





↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4/28/2019

専業主婦で子供がいないのは悪なのか

うちは子供もいないのに専業主婦なので、ネット上だけでなくリアルでも「なんで子供作らないの?」とよく聞かれます。


この子供がいないというのは別に欲しくなかったわけではなくて、欲しくて不妊治療も頑張ったけど結果として出来なかっただけの話なので、たまに「子供は作らないんですか?」と質問されるとちょっと寂しい気持ちになります。

というか結婚して夫婦が普通に仲が良くてそれでも子供がいなかったら①子供ができなかった②子供を(意図して)作らなかった、かのどちらかだというのをなんとなくでいいので察していただきたい。

子供を作らなかった、という人には彼らなりの理由があるんだろうし(幼少時の体験から子供を持ちたいと思えない人だっている)それはそれで尊重されていいと思うんですよ。


わたしはこの質問をされるとうんと悲しい顔をして「あぁ・・・頑張ったんですけどねー、できなかったんですよ・・・」と遠い目で答えることにしています。すると、アメリカでは「えー、でも養子を取るという方法もあるよ!」とさらに畳みかけられてしょんぼりするんであります。


この「子供がいないと家族として完全でない」という図式、なんとかならないかなーと本当に思うんです。夫がいて、妻がいて、ふたりで末永く仲良く暮らしましたとさ、おしまい、ではいかんのだろうかと。

そりゃ子供のいる人にとっちゃ子供のいる生活は本当に素晴らしくて、この素晴らしさを知らないなんてかわいそう!YOUも子供作りなよ!ってなっちゃうのはわからなくもないんですけどね。



不妊治療で通っていたクリニックで、看護師さんが「最近不妊の件数増えてるわよ、うちなんか毎日3件新規のお客さんが来るもの」って言っていたから最近はこういうのもよくある話なんじゃないかな。

夫婦ともちゃんと検査をして、双方どこにも悪いところがないけどそれでも授からない、っていうのも珍しくないそうです。うちも別に悪いところがないのに子供ができず、何年もクリニックに通って精神的に消耗して、っていうパターンでした。

しかも不妊治療はある程度レベルが上がると保険ではカバーされなくなるので、こういうと何ですが底なしのお財布を持っているわけでなければずっと続けるのは難しいです。

よくネット上で子供のいない主婦に対して「子供もいないくせに!」的な糾弾記事を見かけますが、あれは一番精神的に堪えるのでやめていただきたい(;´Д`)


将来的にどうしても子供が欲しい!というか子供のいる家庭が欲しい、と思ったら養子という手段を考えることもあるかもしれませんが、今はこうしてささやかに暮らしを営んで幸せに暮らしているのでそれでいいかなー、と。

というかそれで許される社会にもっとなっていって欲しいと切に思うわけです。これから不妊カップルって多分もっと増えるだろうし、晩婚化も進んでいるし、結婚してもしなくても、子供がいてもいなくても、それは本人の選択次第という風になっていって欲しいもんです。



↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4/27/2019

しあわせな結婚の条件って何だろう

夫と知り合ってもうすぐ十年が経つ。彼とはわたしが29の夏にネットで知り合い、30の5月に実物に会い、31の春に結婚した。

十年ひと昔っていうけど、はっえぇなー!というのが正直な感想である。お互いに体重が増えたり減ったり、引っ越しをしたり誰の結婚にもあるように山もあり谷もあったけれど、基本的に出会った時の気持ちはあんまり変わっていないように思う。


夫と出会ったとき、「なんとなくいつもの毎日だと思って外を歩いていたら地面にあるマンホールの蓋が空いていたのだけど、それに気づかずそのままテクテク歩いていって普通にその上で足を踏み外しスコーーーーン!と地下に落ちてしまった」という感じだった。本当に、ギャグマンガのような感じで気付いたら深い深いところへ落ちていてびっくりした。


驚いたことにお互いに出会ってすぐにもうこの人と結婚する!と思ったし、彼のいない人生はもはや考えられず、彼と結婚しないという選択肢はなかった。彼の年収がいくらなのか、彼に今まで何人くらい彼女がいて、何人くらいと寝たのかなども本当にどうでもよかったし訊きもしなかった。(※ちなみに当時の彼の年収は今の半分くらいで、結婚当初はお金がなくて本当に苦労した)

形としてのプロポーズはあったけれど、それよりも前にずいぶん早い段階で二人の間ではなぜか結婚する!ということになっていて、だから「このひとわたしと結婚する気があるのかしら」とか考えて悶々としたこともない。思えば幸せな相思相愛である。

恋ですなぁ。


まあそれでもいまだにこうして一緒にいて、「僕たちまだまだ新婚さんだね」(※注:9年目)などとわたしに言ってくれるところを見ると夫も少なからず同じように感じてくれているのではないかと思う、思いたい(笑)

もちろんわたしも彼も完璧からは程遠く、喧嘩もし、ひどいことも言い合って「これはもうだめだ、即刻リコンだ」と思ったこともある。それでも一緒にいたいのは、わたしが多分まだあのマンホールの下、足を踏み外した底の深い深いところにいるからだろう。


自分がめくるめく(!!)恋愛結婚をしたから言うわけではないけど、だから結婚なんて相手の条件をあれこれ考えたり品定めするより「相手が好きだ!」という気持ちでしちゃってもいいんじゃないかな。好きだけど、彼の年収がねって思うならあなたも働いてふたりで家計を支えればいい。結婚なんて、しちゃってからの方が問題が山積みなんだし、好きだという気持ちなしで乗り越えるには問題の山はあまりに大きすぎる。

それでも結婚がしたいの、という人は条件にぴったり合う人を探して、その人と結婚してからいいと思えるところを探して恋に落ちたっていい。生理的にどうしても無理な相手だと難しいとは思うが、いいところがひとつもない人間というのはあまりいないし、それなりにその人のいいところを見出していくのも結婚生活の醍醐味のひとつ。そういう意味では伝統的なお見合いってものすごく合理的なのだ。

こういうと何だけど、この人わたしにピッタリ!とどんなに思っていたって結婚生活というのは何かと過酷なんである。それならこれだけは譲れない、という条件がはっきりわかっているならそれに合致する相手を探すのもありだと思う。


みんな、恋をして、相手も自分のことを好いてくれて、年収は〇〇円以上あって、お勤めは上場企業で、とか条件を付けすぎているから最近結婚がどんどん難しくなっているんじゃないかなぁ。自分が誰かを好きになって、相手が自分を同じくらい好いてくれたらもうそれだけで十分じゃない?



↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4/26/2019

バカボンのパパの名言

一年のうち360日くらいはのほほんポヨヨンとお気楽に暮らしているわたしではありますが、たまーに、ごくたまーにものすごーく落ち込む日というのがやってきます。

こないだから悶々といろいろ考えてループ状態だったのがいかんかったのかなぁ、と思うのだけど気が付いたら落とし穴の下の方にいて、ありゃーこれはどうやって地上に上がるんだっけな、とここまで落ちるのは久しぶりすぎて元気の出し方すら忘れておりました。

こうなると気分の落ち込みはどんどん加速するもんで、引き出しの中にある鎮痛剤のきっついやつ(夫が骨折した時にもらった処方薬)をぼーっと見て「これ、何錠くらい飲んだら人生楽になるん・・・?」とか考えてしまうくらいには精神的にきちゃっておりました(;^_^A

節子、それ考えたらあかんやつや!


こういう時はぜーんぶ吐き出して夫に話を聞いてもらって、ヨシヨシヾ(・ω・`)してもらうに限ります。というか、今でこそこうやって夫という存在に救われているけれど、よく考えたら二十代はそういう意味ではとてもきつかったなぁと思います。ひとりだったし。

仕事はきついし、人生の見通しは立たないし、自分は役立たずで自分なんか生きていても無益で誰の役にも立っていない・・・とか考え出すとあんまりよくない。

大体のしんどいことは美味しいものを食べて、馬鹿みたいなコメディ映画を見て、一晩泣いたら乗り切れたもんですが、それでも乗り切れなかった時は精神科のお世話になりました。気付いたらもう10年はご無沙汰していますけど。


ちなみに今回の落ち込みは夫にヨシヨシしてもらって、映画「テッド」を見たら治りました。自分を悩ませる根本的な問題は解決してはいないけれど、考えるとまた悲しくなるけれど、わたしには夫もいるし、うさぎもいるし、テッドは相変わらずくだらなくて面白いし、元気でごはんも食べられるしこれでいいのだ(バカボンのパパ)。

自分らしく、自分として生きるのはむずかしい。
でもこれでいいのだ、自分は自分だからこれでいいのだ。



もし今悩んでつらい苦しい思いをしているひとがいたら、少しでも楽になりますように。



↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ


4/25/2019

携帯壊れました( ;∀;)

数日前の記事に「なんでも人任せじゃなくて、自分で調べてやることが大事だ」とかなんとか書いておきながら、今回は人を雇わず後悔した話です。


ちょっと前にジムのお手洗いでタイルの床にこつーん、とiPhoneを落として画面にヒビが入ってしまったのです。調べたらキットを買えば自宅で直せるというのでキットをオーダーし、日曜の午後に腰を据えて修理することにしたのですね。

結論から言うと、電話壊れました( ;∀;) 壊しちゃいました。

全てのパーツを差し替えて、画面をぱちんとはめて、さあ電源を入れようと思ったらうんともすんとも言わないんですよ。携帯電話の中身はデリケートだから、素人のわたしはよくわからずに多分どこかの接続部分を傷つけてしまったのかもしれません。


やっちまった・・・_| ̄|○


作業は夫と一緒にやったのです。夫も一生懸命リカバリを頑張ってくれたんです。でもね、壊れちゃったもんはしょうがないよね。あぁ、最初からリペアショップに持ち込んで100ドル払って直してもらえばよかったね。

落ち込むわたしに夫が「まあまあ、前から機種変更したがっていたからいい機会じゃない。新しいの買いなよ」と言って新しい携帯をネットで探してくれました。

前のはiPhone6で、2015年の1月の誕生日にプレゼントがわりに買ってもらったので4年以上使ったし、毎年買い替えるのが常みたいになっている人たちと比べると割と長く使った方なのではないかな。あーでもきっとあと数年は使えたはずなのにと思うと今でも無念。


新しい携帯はiPhone7PLUSです(!!)。わーお、世間様がiPhoneXとか言ってるこの時代にiPhone7ですってよ奥さん。顔認証システムを使っていない最後のiPhoneです。これをまた何年か使って、その後のことはその時に考えようと思います。

わたしね、なんか古い人間なのかもしれませんが顔認証システムとやらにすっごい抵抗があるんです。聞けばあれ24時間常にオンだっていうし、こっちの様子が誰かに筒抜けっぽくてちょっと嫌だなぁって、まあ考えすぎなんでしょうけど。


ちなみに前のiPhone6は4年前の購入価格が650ドル、当時の定価で確か24分割とかで買いましたが今回のiPhone7PLUSはネットでリファービッシュ品を360ドルでオーダーしました。なんか最近何を買うにしてもリファービッシュ品を買っています。

携帯は数年前の型落ちだと安くていいですねー。そんなわけで新しい携帯が届くまでは数日のあいだ携帯なしの生活です。





↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4/24/2019

わたしはやっぱりHSPなのかもと思った話

先日義兄に赤ちゃんが生まれたので夫が週末顔を見に行くことになりました。


わたしは熟考の末、前回同様行かないことにしたのですが義兄に「なんで?赤ちゃん見たくないの?」と言われてしまいました。アメリカ人はこのあたりとてもストレートなので、日本みたいに「なんで来ないんだ」と思っていても本人には言わない、ということはなく、遠回しにじわじわと責めてくるということもありません。

家族なのに、うちの赤ちゃん可愛いのに(というか赤ちゃんはどの子でも皆可愛いに決まっている)、なんで遠路はるばる見に来ないんだ!という疑問はわかる。わかりすぎるくらいわかります。普通はここで何もかも投げ出してすぐにでも駆けつけるのが人情でしょう。


それでも行かない、と頑として言い張る東方の日出ずる国から来たヨメが「なぜ行きたくないのか」について1㎜でいいから想いを馳せて欲しいと思うのは日本人的発想なのでしょうか。

そもそも義理家族との間にあった距離はある日を境に大きく開いたのではなくて、8年かけてじわじわと広がっていったものなのです。それでも年に一度くらい顔を出さないといけないときは嘘の笑顔を貼り付けて頑張ってきたのですが、さすがにこうしょっちゅう会いに行くとなると悪いけどわたしは行かないわ、ってなるもんです(※夫は先月も実家に帰っている)。



行きたくない理由はいくつかあって、

1.義母に会いたくない(少し前にもう二度と義母には心を開くまい、と思った事件がありそれ以来連絡を絶っている)

2.聞けばこの週末、昔一緒に夫と義兄と一緒にバンドをやっていた友達が訪ねてくるので彼らは一緒に楽器を弾く予定らしい。しかも彼らは男性の常として集まると大きな音で音楽をかけ、お酒を飲む。わたしは大きな音も酔っ払いも大の苦手である。

じゃあ別室にいればいいじゃないかと言われそうだが、そうなると義母か義兄のヨメと一緒に過ごすことになる。それも避けたい(お察しの通りわたしは彼女たちのことも苦手である)。

3.義兄の住むヒューストンは我が家から片道車で7時間近く離れたところにあり、行くとなれば弾丸で2泊3日の旅となる。長距離の旅は自分が運転しなくてもめっちゃ疲れるのでなるべく避けたい。

4.2泊3日家を空けるとなると誰かにお願いしてうさぎにエサをあげにきてもらわないといけない。夫の同僚に頼めばやってもらえるとは思うけど、それも気が重い。


と、ここまで書いて思ったのだけどわたしは「行きたくない理由」が圧倒的に「行きたい理由」を上回ってしまうタイプの人間なんですね。「行きたい理由」はすごく単純で「夫を喜ばせたい」と「義兄を喜ばせたい」の2つしかないんでした。つまり自分が行きたい、とは微塵も思っていない、と。

わたしは割と義兄のことは嫌いではないというか、むしろ好きな方なので出来れば行って喜ばせてあげたいという気持ち自体はあるのですが。


リストを見ていて、うわぁーこれはとってもHSPっぽいなーと思いました。

大きな音がする場所が苦手、一度苦手だと思った相手は徹底的に避ける、人の多い場所へ行くと疲れる、などなど。まだ起こってもいない将来のシナリオについて複数の可能性を考えて先回りして心配してしまうあたりもそうですね。


義母がヒューストンにいる限り、わたしは当分テキサスには近寄らないと思うし行きたいとも思わないでしょう。百歩譲って義兄に会いに行ったとしても、義母との接触は全力で避けるのではないかと思います。

わたしは義母には嫌われてもいいともう腹を括ったので相手がどう思おうと何も考えないことにしているけれど、義兄の気持ちは傷つけたくないし嫌われたくないと思っているからこうやってぐるぐるぐるぐる考えてしまうのかもしれません。


夫には「一度結論を出したらそれに従って、その結論が正しかったかについて延々と考えるのはよせ」「大体なんでも君は難しく考えすぎるんだ」と言われるのですが、それもわたしの性質なんでいきなりやめろと言われても無理があります。


HSPの特徴としてD(深く処理する)、O(過剰に刺激を受けやすい)、E(感情の反応が強く、共感力が高い)、S(ささいな刺激を感知する)というのがあります。

この性質のひとつ「深く処理する」=Dというのはストレスにもなり得るけれど、逆に考えれば物事について深く考察することができるので悪いことばかりというわけでもなさそうです。

もうちょっとうまく立ち回れたらいいのにな、と思って傷つくこともいまだにたくさんありますが、もういいかげんいい年なので自分と上手い事折り合いをつけてやっていきたいもんです。



↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4/23/2019

我が家の資産運用事情

今日は久しぶりにお金の話。


こないだ夫が仕事から帰ってきて「TSPのパーセンテージを15%に引き上げたからねー」と。TSPはミリタリーや政府機関で働いている人向けの個人年金で、401Kと基本は同じです。

少し前にIRAで積み立てできる上限が年額5500ドルから6500ドルに上がったので、じゃあその分ちょっと積み立て金額を増やそうかということですね。

TSPはお給料から天引きされ、わたしたちがそのお金を見ることなく積み立て口座へ直接移され、ひっそりと我らがリタイアの時を待ちながら利息を集めています。


・・・という感じで、我が家では先取り貯金で退職後のためにお給料の15パーセントを強制的に積み立て、残りのお給料で生活なり貯金なり投資なりをしています。

投資に回せる金額は月によって違って、こないだみたいに新しいタイヤを買ったり車のメンテナンスに十万円単位でお金がかかってくるとあんまりそっちにお金を回せなくなるのだけど、そういう出費が毎月あるわけではないので余剰金はミューチュアルファンド(投資信託)に入れています。

これとは別に「エマージェンシーファンド(緊急時用の貯金)」が用意してあり、バスの修理が必要とか車が壊れたとか誰かが事故って医療費がかさんだりした場合用にある程度まとまったお金をすぐに引き出せる口座に入れてあります。


少し前に保持していた小売業の投信の成績があまりに悪かったので損切りして売り、新たにNASDAQインデックスファンドとテクノロジー産業の投信を買ったところ、2か月で2700ドル(日本円で30万円くらい)上がりホクホクしています。

だって2か月で30万円ってパートのおばちゃんがもらうお給料並みだべ?!

「お金のために働く」ではなく「お金に働いてもらう」とはこのことか、と今更ながらほぇーと思いました。いや、だって今時現金で預金してても利息は雀の涙じゃん!

※2月に投信の銘柄を選んだ時の話→「お金を作るためにはお金が必要だということ



長期で保有するつもりで買っているので、売って利益を出してとかは考えていません。今はマーケットの調子がいいけれど、将来的にマーケットが下がっても買い足し続けて、長い目で見たら上がったねーという感じでいいかな、と。

アグレッシブに売り買いをしている投資家よりも、真面目にコツコツ積み立て投資した一般の投資家の方が長期で見たら利益が多かったっていう実績もあるようですし。

ちなみに小売業の投信を売ったのはデパートや大手の小売店が売り上げ不振で苦戦しているから。もうちょっと未来が明るそうなテクノロジー分野に投資した方がいいかなぁと思って。


でも口座の残高が膨らんでいくのを見ていると、最新のiPhoneだのギャラクシーフォールドだの(サムソンの携帯)は全然欲しくなくなるから不思議です。いや、誰かが無料でくれるならもらうけど!そんなすぐに価値の下がるものに1000ドルも突っ込むくらいなら地道に上がる投信に入れたいと思ってしまうのです(;^_^A 

携帯なんて通話とテキストができればいいのだ!(負け惜しみ)


あーでもギャラクシーフォールド、めっちゃかっちょいいなー!ほっしーなー!2000ドル近くするけどな!もはや携帯に払ってもいい金額の上限を軽く超えてるね!!


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4/22/2019

これから「めんどくさい」は禁句にしようと思った話

前に「ビデオにイントロとアウトロを入れたいのだが面倒で手が付けられていない」という記事を書きまして「どうせロゴも作ったし、この勢いでアニメーションも作っちゃおう」と思ったのです。

検索したらやり方なんてすぐ出てくるよね、ふふんと思っていたら、意外とこれ!という決め手に欠ける記事が多く、新しいソフトをインストールしろだの、新しくサイトに登録しないといけないだのいろいろと面倒っぽい。検索しているうちに力尽きて「あーもうめんどくさいよ!(禁句)これだったら誰か雇って外注した方が早いよ!」という結論になりました。


そうと決まればどこで頼もうかなー、誰に頼もうかなーとウキウキしてFiverrでリサーチ開始。

Fiverrはなんとお値段5ドルからいろんなサービスを外注できるサイト。本気のプロに頼もうと思うとそれなりにお値段がしますが、ウェブデザイナーとかが副業としてやっている場合も多く、お値段もそんなに高くない。ランチを食べに行ったと思えば全然オッケー。

ふむふむ、あらこの人よさそうねぇ、というクリエイターを数時間リサーチの上見つけ、さっそくメールを送ってみたのですが翌日になっても返事が来ない。プロフィールには1時間以内に返事しますってあったのになぁ。


ここで改めて、FiverrでYouTubeのイントロアニメーションを売ろうとしている人たちのプロフィールを見ていてあることに気が付きました。これ、もしかしたら普通にネットで手に入るテンプレがあるんじゃない?そんで、自分でロゴを入れるなり音楽を見つけて来て入れたらできるやつじゃない?

ここまでわかればあとはグーグル先生に助けていただくのみである。


数時間後、出来上がったイントロとアウトロのアニメーションの仕上がりを眺めてすっかりご満悦のわたし。まあ本気のプロが作った仕上がりには遠いかもしれないけど、なんつったって無料!誰かに「こんな感じで作って欲しいんですけどー」と説明する手間も省けたし、とりあえず形になったからいいことにしときます。


で、思いました。このインターネット時代、自分で頑張って情報を探す努力さえすれば何でもそれなりにできるもんだと。そしてそれをめんどくさがって人にお金払ってやってもらおうとした自分ちょっとどうなのよ、と。いえ、恥じてはいないけどね・・・

よく考えたら家の修理だってロゴの作り方だって、髪の毛の切り方やら美味しいゴハンの作り方ですらいつもYouTubeでチュートリアルにお世話になっているんですよね。本当に便利な時代になりました。こうしていろんな人にやり方を教えてもらいながらスキルや新しいレシピが身に付くというのはありがたいことです。


でもやり方がいまいちよくわからないから誰かにやってもらいたいな、という忙しい方は外注しちゃうのもいいんじゃないかなと思いますよ。一から何かを学ぶとなると失敗もするし、時間もかかるものね。

我が家でも自分で作るより買った方が早いし安いお菓子とかは買ってすませています。夫の職場の付き合いで行かないといけないポットラックも、昔は家でちゃんと作った料理を持って行っていましたが、今じゃウォルマートで買ったプラッター持参ですからねぇ(;^_^A 結局そっちの方が喜ばれたりするんですよね(笑)


時は金なり!(←ほんまそれ)



↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4/21/2019

うちの夫が車のドアを開けてくれる理由

少し前のビデオで「うちの夫は車で出かけると目的地に着いたらドアを開けてくれる」と言ったところ、コメントで皆さまに「旦那様優しい!」と言われたのですが、最初からそうしてくれていたわけではないのですよ (* ̄▽ ̄)フフフッ♪


そういえば前に義兄と彼女が遊びに来ていたとき、夫がいつものように車のドアをわたしのために開けてくれたのを見て彼女が「ちょっと、あんたはなんでわたしのためにああやってドアを開けてくれないのよ(How come you don't do that for me?!)!?」と義兄に突っかかっていました。


念のために付け加えておくと、アメリカンだからといって女性のために車のドアを開けてあげるような殿方はこの21世紀にはあんまりお見掛けしません。なので、たまに駐車場で見知らぬ人に「紳士だねぇ」とお褒めの言葉をいただいたりもします。

※あ、でも日本と違ってビルやお店のドアは割と皆開けてくれたり、ドアを押さえたりしてくれますよ!ドアを閉めるときも後ろに誰かいないかちゃんとチェックするので、自分の鼻先でドアがバターン!ということはあまりありません。


これにはコツというか秘密がありまして、わたし実は結婚した当初「あなたが車のドアを開けてくれるとお姫様みたいな気分になって、すごく大切にされているっていう実感がわくからもしお手数でなかったら車のドアを開けてくれるととっても嬉しいわ」と言って夫にお願いしたからなのですね。こういうことを言うとフェミニスト団体に怒られそうですが。

もちろんお願いしたからといって必ず配偶者がその通りにしてくれるとは限らないので、夫の優しさ成分がおそらく半分は関係しているかとは思うのですが(←バファリンか)、相手に何かをしてもらいたいときの伝え方ってわたしはとっても大事だと思うのです!


人間って親しい間柄になればなるほど、「なんとなく言わなくてもわかってくれそうなもんだ」「これくらい言わなくてもやってくれそうなもんだ」という思い込みが増えてきます。それで自分の思い通りにならないと、当たり前ですがストレスがたまりますよね。

そうするとどうしても「わたしはこんなに〇〇しているのに、なんであなたはやってくれないの?!」ってなっちゃいがちです。


主語を「あなた」にしてしまうと「あなたが〇〇してくれないから」「あなたがこう言ったから」と喧嘩の時もなんとなく相手を責める口調になります。ここで主語を「わたし」に切り替えて「わたしはこういうことを言われると悲しいです」「わたしはこう思っているので、将来的に〇〇がこうなると嬉しいです」という風に伝えるようにすると相手への当たりが柔らかくなるんですね。


「なんで君は最近全然スカートをはかないんだよ?!」って言われたら「わたしだって家事に育児に忙しいのよ、スカートなんか履いてる余裕ないわよ!」ってカチンとくるかもしれないけど、もし「僕は君がスカートをはいてくれたらとっても嬉しいなあ!」って言われたらこっちも「そうぉ?じゃあスカート、履いてみようかな?」って思いませんか?


なので英語で言うと、会話を「How come...」で始めない、というのはわたしたち夫婦にとっては大事な決まりになっています。

とはいえ、夫もわたしも人間なので完璧ではありません。喧嘩だってします。何を隠そう、夫がドアを開けてくれるのを車の中で待っていたら夫が忘れていてそのままスーッと車から離れて行ってしまったことだって何度もあります。おまけにわたしが車の中にいるのに車をロックされてしまった時の悲しさたるや!

そしたらわたしだってやっぱり言っちゃいますよね、「Don't you forget about me(わたしのこと、忘れてなーい)!?」って(笑)


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4/20/2019

noteのアカウント作ってみた!

こないだネットをウロウロしていたら、世の中にはnoteというサイトというかサービスがあることが判明したのです。


前々から人様のブログで「詳細はnoteにあげてます」とか書いてあって「noteってなんだ?メモ帳か?」くらいに思っていたのです。ある日ふと思いついて調べてみたところ、めっちゃ面白そうなサービスで次へ次へと違うクリエイターの記事を追っていくうちにハマり、見事にアカウント登録することになりました。

文章のみならず、音声や動画もアップできてブログよりも多岐にわたっていると言えば言えるかもしれません。面白いなと思ったのがコンテンツのばら売りができるところ。あと「面白いと思ったら支援してください」という機能があって、多分100円スタートくらいで好きなクリエイターに投げ銭を送ることができるらしいです。


このあたりはPatreonにも似ていますね。ちなみにPatreonはYouTubeなどで人気のあるクリエイターサポートプログラムで、応援したいクリエイターに一度限りもしくは月額いくら(確かこちらも1ドルスタートで寄付できたと思います)で支援ができる仕組みになっています。

支援してもらう方も引き換えに、パトロン向けの専用コンテンツを作って専用ページで公開したり、いろいろと工夫がなされているようです。ファンはより密接な関係をクリエーターと築くことができ、クリエイターは経済的にサポートを得ることでよりよいコンテンツを作ることに集中できる、ということらしいです。


自分が応援したいクリエーターに対してコーヒーを月1回おごってあげるつもりで応援ができる、っていうのはとってもいいなと思います。夫も気に入ったクリエーター(ポッドキャスト)に以前50ドルくらい寄付していました。

まあ自分が実際にコンテンツを作って販売する度胸があるか、というとまた別の話なんですけどね。そのうちに気が向いたらNoteの方でもコンテンツ(無料)を投稿し始めるかもしれませんが、今のところは他のクリエーターの作った文章やコミック、イラストなどを見ておもしろーい、と楽しませてもらっています。



↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4/19/2019

モチベーションと作業効率は必ずしも一致しないと思った話

夫も仕事に出かけてしまい、家の掃除も済み、食洗機と洗濯機が轟轟とわたしのために働いているという朝の素晴らしい時間帯に、わたしはパソコンを目の前にして「あぁー今日はなんもやる気おきねえぇぇ」と突っ伏していた。


今日やっておきたいことはたくさんある。

ぽちっと目の前のPCの電源を入れてブログの記事を書くか、撮影したけど編集がまだのビデオの編集にかかるか、編集&アップロード済みのビデオに字幕などを付けて公開できるようにするか、新しいビデオの撮影をするか。

新しいビデオの撮影をするには一応形だけでもいいからメイクっぽいものを施しておく必要があるし、そもそも一応ちゃんとして見える服に着替える必要がある。でも今は上に挙げたオプションの何もかもが面倒くさい。


別にメイクなんてしなくたっていいっすよ、すっぴんの方が好きですよと言ってくださる心優しい視聴者様のお言葉に甘えて完全にすっぴんでビデオをやっちゃうとたまに編集段階で「生まれてきてスイマセン」という気持ちになったりするので(いえ、撮影しちゃったから編集して世に出しますけどね・・・)一応眉毛くらいは描くようにしています。

関係ないけどわたし眉毛描くの本当に下手なんです。かれこれ20年くらい描いているけど一向に上手くならないので今後も上手くなる見込みは皆無です。


しかし、今年のわたしはやる気があろうがなかろうがこれをパートの仕事とみなして週に5日、一日数時間でいいから真面目にやると決めたのであります。決めた以上はやらねばならぬ、なぜならわたしは「毎日やる」か「毎日やらない(全然やらない)」のどちらかしかないめんどくさい女なもんで。


なんとか適当でいいので顔を作り、髪型を整え、カメラの電池を入れ替え(撮影中に電池が切れることほど哀しいことはない)、カメラに向かってにっこり笑ってみる。さーやるか。


しかし驚いたことに、あれほどやる気がないとぼやいていたにも関わらず、ビデオの撮影は自分でもびっくりするくらいスムースに進み、勢いがついて撮影したてほやほやのビデオや他のビデオの編集にとりかかったところ、あらーわたし今日はなんだか乗ってるんじゃないの?というくらいサクサク進んだんであります。


で、思いました。モチベーションというか、本人のやる気とその日の作業効率は必ずしも比例しないんだと。


またランニングの例えで申し訳ないのだけど、ランニングをずっとしていると「あー今日はなんか走りたくないな」という日が出てきます。そんな日には「今日はスキップしちゃおうかな」という思いが頭をよぎるわけですが、こういう日に限って実際に走りに行ってみると意外と気持ちよく走れたりするんですね。

だからなんかやる気が出ないぞ、という日でも一応形だけでも机の前に座ってみる、という習慣をつけるといいんだな、と思いました。要は一番めんどくさいのは「着替えて靴を履き、走りに行く」という初期起動の段階なんですよね。


ちなみに「はーさて、やるか」と思って走ってみたにも関わらず、それでもやっぱり今日は調子が出ないな、という日は早々に切り上げて昼寝をすることにしています。そういう日は寝るに限ります。世の中のすべての人が昼寝をできる状況にあるわけではないことは百も承知ですが、今日だけは定時で帰る、とか料理作りたくないから久しぶりにお弁当買って帰る、とかでもいいと思います。お試しあれ。





↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ


4/18/2019

マットレス買い替えました

去年の11月くらいにソファベッドを買いまして、冬の間ずっとセットで付いてきたペナッペナのマットレスに寝ていたのですが、先日夫が「僕このマットレス好きじゃない」と言うので協議の結果、ついに新しいマットレスの購入に踏み切りました。

まあもともと付いてきたやつ自体がへろへろのペナッペナでしたからね。ソファベッドは折りたたみのできるタイプなので、フレームのみ残してマットレスを入れ替えた形です。


本当はベッドを捨てて床に直接折りたたみマットレスを敷く生活に戻してもよかったのだけど、昼間そこにソファがあるという誘惑にはどうも勝てませんでした。あとオクラホマの冬、めっちゃ寒いんですよ。床に直接寝ると底冷えがするのでベッドは手放しがたい。

さらに我が家のうさぎがベッドの下でたむろすのが大好きで、いつ見ても昼間はベッドの下に陣取ってくっついて寝ているのでそれを取り上げるのもかわいそうかな・・・と。ベッドの下、掃除機かけにくいんですけどね。


去年の冬、外が寒すぎて室内との寒暖差が激しく結露でめっちゃ困ったのですが、コメント欄で「マットレスを床に直接敷いて寝ると結露が出るよ」と言われ「ほんまや!」と額をぴしゃりと叩いたのも理由のひとつです。

すのこベッド的なものを買ってもよかったけど、結局新しいマットレスを買って入れ替えるのが一番安いし簡単だったということで。


結論から言うと、新しいマットレスはすっごい快適で夫が毎晩「いやー僕毎晩めっちゃよく眠れるわぁ!」と喜んでいるので買い替えてよかったです。わたしはどっちかというと身体がぐーっと沈み込むような低反発のマットレスが好みなのに対し、夫は高反発のかったーいマットレスがお好み。

加えて夫は寝相が非常に悪く、低反発のマットレスで一緒に寝ていると夫の動きにいちいち反応して夜中に目が覚める羽目になるので、我が家では間をとってどっちかというと硬め、くらいのマットレスを買うことにしています。


わたしはバックパッカーをやっていた頃から神経が図太くなったのか、枕が変わってもどこに泊まっても割とぐっすり眠れるタイプ。マットレスは硬くても柔らかくてもどっちでもいいんです。なんなら床で寝たっていいです。雨露しのげる屋根があって美味しいごはんがあれば満足です。

なんて言いつつうちには洗濯機も食洗機もありますけどね!そんで毎日めっちゃ使ってますけどね!




↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ


4/17/2019

ブログのPVを増やす方法

ブログのアクセス解析とかはあんまり気にしていない方なのですが(多分もうちょっと注意を払ったほうがいいレベル)、こないだふと月のPV数を見て「これって多いのか少ないのかどっちだろう?」と思いました。

このブログを始めて3か月ちょい、毎日ちまちまと1記事ずつ書きたいことを好きに書き散らしているだけの雑記ブログなのであんまりPVについても気に留めていなかったのだけど、今の時点では月2万PVちょいくらいです。


始めて3か月でこれが多いのか少ないのかはわかりませんが、検索してみたら脱初心者レベルからアマチュアレベルらしい。アマチュア、言い得て妙ですな。まあ確かにこれで飯を食っているプロではないしなぁ・・・。10年前にやっていた昔のブログ時代から見ていますよ、と言ってくださる読者の方もいらっしゃってありがたいことです。

毎日同じくらいのビューがあるということは固定数の方が毎日見に来てくださっているということなんでしょうね。ありがたやー。


こういうトピックで検索すると、月商100万円を叩き出すにはSEO対策をして検索に引っかかるトピックで記事を書けだの、毎日5記事はコンスタントに書けだの、そういうアドバイスがどんどこ出てきてうんざりしてそっとブラウザのウィンドウを閉じる・・・という結果になるので、多分わたしには爆発的にPVが伸びる商業ブログとかは一生できないんだろうなぁ。いや、ちょっとはそういうアドバイスを気にした方がいいのか?


それにしてもお金を稼げるブログにするには、という記事があまりに多すぎる!おそらく仕事なんかやめてブログ一本で食べていきたいというドリームの現れなのだろうと思います。

でも、ブログって続けてなんぼだと思うんです。最初の数か月、下手したら半年は誰も見てくれなくて「なーんだつまんない、誰も見てくれないでやんの」と思ってやめちゃう人が本当に多い。YouTubeも似たような感じですね。

お金のために始めると「これだったらバイトした方がよっぽど早いわ」って思うんでしょうね。うん、わたしでも多分そう思うでしょう。


たまに興味のあるキーワードで検索して遊びに行ったブログに「この広告は1か月以上更新のないブログに表示されています」と出ていてほんのり寂しくなったりすることも。なにこれ、この記事面白い!この人好きかも!と思ってトップページへ飛ぶと数年前で更新が止まっていてがっくり、ということも多々あります。


結局のところ、ブログのPVを増やすには継続して何かを書き続けるという努力に勝るものはないのではないかと思います。自分の興味のあること、好きなこと、考えていること、を書いている本人が楽しいなーと思って書き続けていれば、同じ分野に興味があったり造詣の深い人の目に留まり、見てもらえる機会も自然と増えるのではないかと。


でも何かを毎日継続してずっとずっと続けるってけっこう難しいよね。わたしも日々それを実感しています。好きじゃないとできないし、毎日やりたいほど好きじゃなくなったらやめたっていいんだと思っています。自分の書きたいときに書きたいことを書きたいように書けばいいのですよ(と自分に言い聞かせている)。



↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4/16/2019

ブログとYouTube用にロゴを作ってみた話

興味のない方にはまったくない話だと思うのですが、先日暇だったのでサイトのロゴとかを作ってみました。



せっかく作ったのでTOP画を差し替えてみましたがどうでしょう??シンプルで、ドメイン名が出ていてバスの絵がついていればいいんじゃね?と思ってちゃちゃっと作りました。


あとYouTubeでビデオを開くと右下あたりにウォーターマークが出て、そこをクリックすると簡単にチャンネル登録ができるという機能があるのですが、あろうことかYouTubeをやって3年も経つにも関わらず手を付けていませんでした。わーお、亀もびっくりののろさだよ。




これはかろうじてロゴを作った直後に設定したので、多分今ビデオを見たらこのロゴが右下あたりにちょろっと出ていると思います。

こういうの、作るのも設定するのもいざ取り掛かれば早いのに先延ばしにしすぎるんであります。YouTubeのチャンネルアート(TOP画)も開設当初に設定したまま3年放置してつい最近入れ替えたところですからね。これからはもうちょっとこういう細かいところをちゃんとメンテできるようになろうと思いました、まる。

神は細部に宿る!(それな!)


あとはビデオの最初にオープニングアニメーションを入れたいと思いつつ早数年なのでそれを何とかしたいです・・・安西先生、バスケがしたいです・・・(スラムダンク)。なんというか、やり方がわからないことはつい先延ばしにしがちなんですね。やり方なんて調べたらすぐ出てくるんだから、面倒くさがらずもうちょっと真面目にやりましょう。



↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4/15/2019

めっちゃ美味しい紅茶を見つけた話

こないだたまたまアメリカのAmazonで美味しそうなお茶を見つけて、レビューが割とよかったので買ってみたら大ヒットだったんです。

↓日本のAmazonでも売ってるけど高い!2500円ってどういうこと!(アメリカだと700円くらい)美味しいけどティーバッグのお茶にこんなに出せない・・・。



※アイハーブで8.5ドルくらいで売っているみたいです。


ここのお茶は缶がかわいいのでたまに買って、ティーバッグを飲みきったらリーフティの茶葉を保管する用に再利用しています。

他のアールグレイとかバニラとか、抹茶グリーンティーとかも普通に美味しい(この「普通に美味しい」っていうのは割と大事)んですが、このブラックカラントは今まで飲んだ中で群を抜いてめっちゃ美味しい!

あんまりに美味しいのでしばらく夫の目に付かないようにこっそり隠してひとりで飲んでいたくらい美味しいです。ふ、さもしいな自分・・・。


わたしは4人きょうだいの一番上だったもんで、子供の頃はおやつ取り合いで「今食べねば一生食べられん!」的な強迫観念がいまだに残っており、一方夫は義兄と彼の2人きょうだいだったのでおやつ取り合いとか訳わからん、というスタンス。

これはわたしのおやつだから食べないでね!このジュースはわたしまだ飲んでないから全部飲まないでね!って夫に念を押すと「えーなんで?なくなったらまた買いにいけばいいじゃん」と言われるのだけど、夜映画とか見ながらさあしまっといたおやつ食べよう、とかあれ飲もう、と思って見るとそれがなくなっていた時の落胆たるや。


それはともあれ、こないだちょっと気分がよかったので「じゃあわたしのお気に入りのお茶を淹れてあげるね!」と言って夫にお茶を淹れたんですね。

夫がお茶を飲んでいたマグは小さめだったので(ティーバッグはちゃんと茶葉が入っているので、粉っぽいやつと違ってしっかりお茶が出ます)わたし的には「ふ、これでお茶が2杯は飲めるわね」と思っていたら、夫なんと1杯だけ飲んでティーバッグを捨ててしまったんでした。


なんで捨てるのよー!あともう1杯飲めるのに!と言ったら「え、ごめん気付かなかった・・・。でももう1杯飲みたかったらまた新しいティーバッグを出したらいいじゃない?」と言われました。


キィィィィ( `ー´)ノ


もう!!夫には美味しいお茶のティーバッグなんか分けてあげない!!!


その時しみじみと思ったのですがわたしって本当に食べもの、飲み物に関しては意地汚いな、と。なんか食べさせてない子みたいやん・・・?夫に「うちはティーバッグのお茶が買えないくらい貧乏ではないよ?」と言われて「そうやんなぁー、また買えばいいんやんなぁー」と言いながら顔が引きつっていたのはここだけの秘密です。


恥ずかしい(/ω\)



コメントで「わたしも夫にひみつのおやつ隠してます」と言われてちょっとほっとしたわたし。

いや、でもティーバッグ、安いやつやったら100個入りのが3ドルくらいで売ってるやん?20個で700円のやつはだからわたし的には高級な部類に入ると思うんやけどどう思いますか?(笑)←一生3000円くらいするお茶っ葉が買えないタイプですね。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4/14/2019

あなたが嫌い=アイラブユーなのではないかと思った話

ちょっと前に記事にしたのだけど、YouTubeには「高評価」ボタンと「低評価」ボタンがあるんですよ。


ありがたいことにうちの弱小チャンネルやブログをごひいきにしてくださっている方々は本当に心優しく、ものすごくひどいコメントをもらうことってまあ月に1回くらいなんですけど、毎回ビデオが公開されるたびにソッコーで「低評価」を押しにいらしてくださるかたがいらっしゃるみたいなんですよ!

ビデオは週5回、スケジュール投稿の予定になっていて、アメリカ時間の夕方5時=日本時間の朝7時に公開されるようにしています。朝起きて仕事行く前に見てます、と言っていただいたり、朝の家事が一区切りしたら見てますと言っていただいたり、わがチャンネルの視聴者様は本当に優しいのでした。


それはさておき、夕方5時というのは主婦にとっては割と忙しい時間帯だったりします。うちの夫は朝が早いのですが夕方5時前後には家に帰ってくるため、大体その時間はキッチンで(簡単ではありますが)夕食を作っている時間帯なわけです。

ですが、先日夫の帰りが少し遅めの日がありまして、たまたま5時数分過ぎに「あぁそろそろビデオが公開になる時間やなぁ、ちょっと見てみよか」とYouTubeのページを開いてみたところ、すでにいつもの訪問者が来て「低評価」を押していったあとだったのでした。


YouTubeを始めた当初でこそ、低評価やコメントにいちいち落ち込んだりしていたのだけど、優しいコメントや高評価ボタンの数に比べると1%にも満たないのでそのうちに気にしないようになりました。


で思ったのだけど、わたしのビデオが出てすぐに「よっしゃ低評価押しにいっちゃろう」と思って遊びにくるということは、実は逆にわたしのことかなり好きなんじゃない?そうよね???

やっている本人が、ビデオが公開になってからしばらくは夕食だの夫との会話などで忙しく、数時間後にやっとチェックできる状態なのを考えると、わたし本人よりもわたしのことを考えてくれているのではという思いまで浮かんできます。

ありがたいことだなぁー、と嫌味でもなんでもなく、その時ふと思ったのでした。


だってわたし、好きなユーチューバーのビデオでも出てすぐに見る!ってこともあんまりないんです。「あとで見る」フォルダに入れておいて、家事がひと段落してからあとでのんびり見ることが多いかな。

でも、あなたのことには全く興味がないですよと言われるよりはこんな形でも興味を示してくださっているのだと思うと、なんか変な話なんだけどちょっと可笑しくて笑ってしまったのでした。


もしかしたら誰かが誰かに向ける「Hate(嫌い)」のメッセージは実は「あなたのことが気になっていますよ」というサインなのかもしれませんね。って思っちゃうわたしはやっぱり頭の中がお花畑なのかしら?


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4/13/2019

我が家のビビりうさぎの話

今日はうちのウサギの話。


新入りのヴィンセントくんについてです。

ヴィンセントは今年の1月中旬に我が家にやってきたニューカマーなのですが、とにかくめちゃんこビビりであります。ビビりの割に諦めが悪いのが特徴で、お兄ちゃんお姉ちゃんうさぎにたびたびテリトリーから追い出されつつも「ぼく負けないもん!」とばかりに何度も繰り返し突進していくので、そのうちに先住うさぎもあきらめて無事テリトリーに入れてもらえたという頑張り屋さんでもあります。


しかし基本はビビりなので、わたしが「ヴィンセントー、おはようー」と近づいて行ったもんなら「きゃー!」と走って逃げます。3匹目のうさぎ、ピクシーがうちに来たときも相当ビビりでしたが、ヴィンセントのビビり具合はそれをはるかに上回っているのでした。

我が家の先住うさぎはもう何年もわたしたちと一緒に暮らしているので、もうすっかり慣れて今ではわたしの顔を見ると寄ってくるし、そりゃーかわいいんです。しかし寄ってくるどころか、わたしが寄っていくと速攻で逃げるヴィンセント。



寂しい( ;∀;)


まあレスキューうさぎなので、多分人間に以前ひどい目にあわされて怖いとかそういうのがあるんでしょう。最近は美味しいごはんやおやつ(=貢ぎ物)を持っていくと寄ってくるようになったので「こいつは美味しいものをくれるやつ」という認識は持ちつつあるようです。


彼はほわほわっとした毛並みが特徴のジャージーウーリーという種類です。ジャージーウーリーの売りは頭の上にちょこんと乗った「ぼうし(ウーリーキャップというらしい)」で、本当に帽子をかぶっているかのようにそこだけびっしり毛が密集していてかわいいんです。


こないだ夫がロゼッタストーンというソフトで日本語を勉強していたところ、練習フレーズに「かれはぼうしをかぶっています」というのがありました。それ以来夫はヴィンセントのことを「かぶっています」と呼ぶようになりました。


「おーい、かぶっていまーす」「かぶってー、こっち来てー」「かぶっていまーす」


・・・もはや彼の名前は「かぶっています」でいいんじゃないですか。


ちなみにわたしは彼を「ぶーくん」と呼んでいます。最初はヴィンセントなので「ヴィーくん」と呼んでいたのですが、だんだんめんどくさくなり「おーい、ブー」「ぶーくーん」と呼んでいます。怒るとすぐに「ぶぅ!」と言って足ダン(うさぎは怒ると足で地面を踏み鳴らす習性がある)するからでもあります。

ついでにバラしてしまうとピクシーのことは「ぴーちゃん」、デイジーのことは「でっち」、オリバーのことは「ばいち」と呼んでいます。名前とあだ名の乖離がすごいのはここだけの秘密です。



今はそんなビビりのヴィンセントですが、いつか、1年後か3年後かはわからないけれど、名前を呼んだらこっちに来てくれる日がくるのを夢見てわたしたち夫婦は繰り返し彼とコミュニケーションを取ろうと図るのでした。

がんばれ、「かぶっています」とその下僕たち!(もはやヴィンセントのヴィの字もないな!)


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4/12/2019

今我が家の冷蔵庫はパンパンである

少し前の話ですがALDIという激安スーパーへ行きまして、あまりの安さに大喜びしてあれこれ買って帰ってきたのであります。

↓ちなみに買ったもの一覧のビデオはこちら↓




買ってきたときは「これだけあれば当分持つわねぇふふふ」と思っていたのですが、この後また都会へ出てホールフーズへ立ち寄った際に数品買い、「そういえばウサギ用に葉っぱを買わねば」とまた行ってしまったALDIでさらに数品買ってしまい、現在我が家の冷蔵庫と冷凍庫は限界を超えてパンパンであります。

冷凍できる野菜はひたすらカットしてとにかく冷凍!未来の自分が楽をするためと食材を無駄にしないためにこれだけは絶対にやっておきます。


YouTubeで「こんなに買ってもしまうところあるんですね、いいなぁ」というコメントをいただきましたが、現在冷蔵庫もしくは冷凍庫に入れなくていいアイテムがカウンタートップを占拠しております。つーか溢れかえっているといってもいいと思います。

おかしいなぁ、この時買ったビールはもう残ってないのになぁ。どこへ消えちゃったのかなぁ(答え:夫のおなかの中)


となるとわたしにできることはただひとつ。ただひたすらに冷蔵庫もしくは冷凍庫にあるもので食べられるメニューを考えてひとつひとつやっつけていくしかないのでした。

そんなわけで今あるもので考え付く献立を書き出してみたら16日分はざっとありました。書き出した献立を夫に渡して、今すぐ食べたい順に番号を振ってもらって、とにかくその順番で作っていくのみです。


でも事前に今日の献立が決まっているって楽ですよね。今日の日付とメニューだけ見て、それに沿って黙って作って出すだけなので「あぁー今日何作ろうー」と冷蔵庫開けて悩まなくて済むのがいいところです。

これの唯一めんどくさいところは、なんか今日疲れているなーと思っているのにやたらと調理に時間のかかるメニューにあたってしまった時。そういうときはたまにズルしてその日のメニューと後日のもっと簡単に作れるメニューを交換したりしてね・・・フフフ。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4/11/2019

今年はまだ一枚も洋服を買っていないという話

今年は1年間新しい洋服を買わないで過ごせるかチャレンジ中です。

先日結婚記念日でルルレモンへ行ってレギンスを1枚買いましたが、まあこれはエクササイズ用という言い訳で例外としたいと思います(笑)


結論から言うと、冬は一枚も新しい洋服を買うことなく越すことができました。春先になり、薄めのブラウスや七分袖のセーターなどを引っ張り出してきて「あ、これだけ枚数あれば多分春夏は越せるな」と思いました。

ミニマリストを目指してはいますが、トップスは多分10枚前後あるのではないかな。最低限の枚数ということでいえばもうちょっと少なくても大丈夫だろうとは思うけど、洗濯の頻度を考えるとたった数枚では多分シーズンの終わりには全部痛んでダメになりそうな気がします。結局のところ、どんな高い服でもプチプラでも、毎日着て洗っていたら痛むんですよねー。


特にわたしはここ数年洋服はほぼ中古で賄っており(スリフトショップやThredupのようなオンラインリサイクルストアを使っています)もともと新品ではない洋服で回している割にはけっこう長持ちしているので、わたしにはこれくらいの枚数が多分あっているのではないかと思っています。

ただブラウスの類は春夏とヘビロテで着るので、今年が終わったらもう寿命かなというものもちらほら。今年一年洋服を買わずに乗り切れたら、来年は多分お買い物に行かないと服が足りなくなりそうではあります。


洋服を買わないと決めてよかった点は、なんとなく暇つぶしにサイトを見たりお店を見たりするという習慣がなくなったこと。買えないんだから見たってしょうがない。これをしばらく続けていると、今クローゼットの中にある洋服に気持ちが向かうというか、今あるものを大事にしようと思えるようになるから不思議です。



↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4/10/2019

結婚記念日

先日4月7日はわたしたちの8回目の結婚記念日でした。

といっても、結婚して以来出張の多い夫は記念日に家にいないことも多く、最近だと4年続けて記念日にいなかったのでそういうもんかなと思っておりました。国のためにお勤めしているので、任務優先ですよねーそうですよねーという感じだったのです。


夫は最近職種を変えてデスクワークになり、今年は久しぶりに記念日に家にいるということで、月曜も仕事の休みを取って夫婦でお祝いしました。

というか、翌日の月曜に早朝アポイントメントがあったため先月と同じく前日泊でホテルを取ったのでそれに付随してあれこれ行ってみた感じです。というのも、今住んでいるのが田舎なので周りに何にもないんです(;^_^A


出張が多くホテルに泊まることも多かった夫、ホテルのポイントがたくさんたまっているので今回もポイントで無料宿泊だったのですが、チェックインしてみてびっくり、ジャグジーのついたスイートのお部屋にアップグレードしてもらえていました!

ホテル自体も最近リノベーションしたばかりでピカピカ、お部屋は広く、ジャグジーもプールもあるということで夫婦でたっぷりのんびり過ごしました。

普段バスに暮らしていて、慣れているので閉所恐怖症というか狭い!辛い!と思うことはあんまりないのですが、久しぶりにひろーいお部屋、たかーい天井におおはしゃぎ。


翌朝のアポイントメントの後は夫がヘアサロンに連れて行ってくれて、久しぶりにヘアカットとカラーリングをしてもらったり、アウトレットモールへ行っていろいろお買い物したりと楽しい週末となりました。

夫は数年ぶりに一緒に過ごせる記念日だったので、特別なものにしたかったらしくとっても頑張っていろいろしてくれました。愛されてるなぁーと感動!

久しぶりにちょっとお金使っちゃいましたが、普段とっても倹約家の我が家ですのでまあたまにはいいかな、と思っています。メリハリのあるお金の使い方は大事☺



↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4/09/2019

自分は集団生活に向いてない

タイトルの通りなんですが、本当に集団生活が苦手です。


もう大人なのである程度は周りに合わせて行動することができるんだけど、限度を超えるとなんというか精神的にしんどくてついていけなくなります。結婚前はこれでもそれなりに社会人としてお勤めしていたのですが、働いていた頃は人間関係が本当にしんどくて、なんで自分は周りと上手になじめないんだろう、と悩んだこともありました。


去年の話ですが「ちょっと頑張ってまた社会に出てみよう」と思って軍のブートキャンプに行ったのです。ここで「ちょっと近所のスーパーでレジでも打ってみよう」ではないところが極端でわたしっぽいといえばわたしらしいのですが。

今思えば、スーパーのレジ打ちだって他のパートさんや社員さんとの人間関係でいろいろあるから大変だと思うんですけどね(昔スーパーでバイトしたことがあるのです)。

あ、でも一応、ブートキャンプが終われば後は仕事自体はパート勤務の予定だったんですよー(;^_^A


そしたらまー知ってはいたけど40人の他人と数か月共同生活を強いられて、怒鳴られるわ他の女の子(全員年下、下手したら20歳年下の子)に馬鹿にされるわ、で精神的にほとほと参ってしまいました。

のみならず、甲状腺に異常が出て結局家に帰る羽目になったのですが(なんとか卒業はさせてもらえました)あーやっぱりわたしはこういうの全然向いてない、としみじみ思いました。


よく考えてみたら企業に勤めていた頃も折々ストレスで胃を痛め、胃腸炎になることもしょっちゅうでした。あれ、ある日いきなり来るんですよ。胃が痛いなーとなんとなく思っていると、ある日起きたらゲロゲロ吐くわ、上から下から大変なことになって高熱が出て、一人暮らしだから自力で病院へ這って行って点滴を打ってもらって薬をもらう、という繰り返し。

でも軍のブートキャンプに行って思ったけど、日本の企業の新人研修も軍の訓練と変わらないと言えば変わらなかったな、と。特にわたしが就職したときは就職氷河期で、やっと見つけた仕事がブラックのIT企業だったので余計にしんどかったのかもしれません。


で、思いました。わたしには多分、自分ちで細々とやる内職的な仕事の方が向いているんだと。翻訳とか、サイト構築とか、YouTubeとか(笑)向いてないことを無理にやって、カラダと心を壊すよりは、向いていることをやった方が長生きできるんじゃないかなと。

その後夫と出会い、幸せなことに家にいてのんびりする生活を送らせてもらえることになり結果オーライだったわけですが、別に向いてない人は無理をして溶け込もうとしないでいいと思うんです。それが状況的に許さない人は仕方ないのかもしれませんが、もし幸運にもそれでもいいよ、って言ってもらえる環境にあるんだったら甘えたっていいと思う。

とか言うと「わたしはこんなに苦労しているのに、あなたはぬるま湯の人生でいいよね!」って見知らぬ人に言われるんですけどね(;^_^A 


夫には「君と僕は夫婦というチームなんだから、何も君ひとりで完璧を目指そうとしなくていい。お互いに、自分が向いていることをして支えあってふたりで生きていけばいいんだよ」と繰り返し言われます。

世のなかには子供もいて、フルタイムでお仕事もして、それでも旦那様に3品揃った夕食を出しているスーパー主婦の方もいらっしゃるのは知っているけれど、別に自分がそこを目指さなくてもいいや、とダメな自分にOKを出すと、人生がちょっとだけ楽になったかなとわたし的には思っています。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4/08/2019

バレットジャーナル 4月のセットアップ

少し前にわたしのバレットジャーナルの2月のセットアップについての記事を書きましたが、今回は4月のセットアップについてビデオにしてみました。


基本的なアイテム(マンスリーログ、家計簿、習慣トラッカーなど)はもうこれでいいかなという感じに定番として落ち着いてきました。


4月から始めたこととしては、YouTubeのビデオアップロードのスケジュール表を作ったことです。3月から週5本アップするという目標を掲げているので、常に数本ビデオの編集や字幕付けの作業が並行して進行中のため管理しやすいように表を作りました。

週5本ビデオをアップするのは、スケジュールさえきちんと決まっていればわたしには今のところ悪くないかな、という感じなのですが、性格上来週のビデオが大体どんな感じになるかを前の週に目安が付いてないと落ち着かないのでスケジュール管理はとても役に立つと感じています。




なんというか、ビデオの編集は好きだけど好きなことだけ先にやってしまうと後で地味な字幕付のみを延々何時間もやらないといけない羽目に陥るので、編集をやったら別のビデオの字幕を付ける、などというように日によって作業の内容も振り分けています。




↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

人気の記事