4/23/2019

我が家の資産運用事情

今日は久しぶりにお金の話。


こないだ夫が仕事から帰ってきて「TSPのパーセンテージを15%に引き上げたからねー」と。TSPはミリタリーや政府機関で働いている人向けの個人年金で、401Kと基本は同じです。

少し前にIRAで積み立てできる上限が年額5500ドルから6500ドルに上がったので、じゃあその分ちょっと積み立て金額を増やそうかということですね。

TSPはお給料から天引きされ、わたしたちがそのお金を見ることなく積み立て口座へ直接移され、ひっそりと我らがリタイアの時を待ちながら利息を集めています。


・・・という感じで、我が家では先取り貯金で退職後のためにお給料の15パーセントを強制的に積み立て、残りのお給料で生活なり貯金なり投資なりをしています。

投資に回せる金額は月によって違って、こないだみたいに新しいタイヤを買ったり車のメンテナンスに十万円単位でお金がかかってくるとあんまりそっちにお金を回せなくなるのだけど、そういう出費が毎月あるわけではないので余剰金はミューチュアルファンド(投資信託)に入れています。

これとは別に「エマージェンシーファンド(緊急時用の貯金)」が用意してあり、バスの修理が必要とか車が壊れたとか誰かが事故って医療費がかさんだりした場合用にある程度まとまったお金をすぐに引き出せる口座に入れてあります。


少し前に保持していた小売業の投信の成績があまりに悪かったので損切りして売り、新たにNASDAQインデックスファンドとテクノロジー産業の投信を買ったところ、2か月で2700ドル(日本円で30万円くらい)上がりホクホクしています。

だって2か月で30万円ってパートのおばちゃんがもらうお給料並みだべ?!

「お金のために働く」ではなく「お金に働いてもらう」とはこのことか、と今更ながらほぇーと思いました。いや、だって今時現金で預金してても利息は雀の涙じゃん!

※2月に投信の銘柄を選んだ時の話→「お金を作るためにはお金が必要だということ



長期で保有するつもりで買っているので、売って利益を出してとかは考えていません。今はマーケットの調子がいいけれど、将来的にマーケットが下がっても買い足し続けて、長い目で見たら上がったねーという感じでいいかな、と。

アグレッシブに売り買いをしている投資家よりも、真面目にコツコツ積み立て投資した一般の投資家の方が長期で見たら利益が多かったっていう実績もあるようですし。

ちなみに小売業の投信を売ったのはデパートや大手の小売店が売り上げ不振で苦戦しているから。もうちょっと未来が明るそうなテクノロジー分野に投資した方がいいかなぁと思って。


でも口座の残高が膨らんでいくのを見ていると、最新のiPhoneだのギャラクシーフォールドだの(サムソンの携帯)は全然欲しくなくなるから不思議です。いや、誰かが無料でくれるならもらうけど!そんなすぐに価値の下がるものに1000ドルも突っ込むくらいなら地道に上がる投信に入れたいと思ってしまうのです(;^_^A 

携帯なんて通話とテキストができればいいのだ!(負け惜しみ)


あーでもギャラクシーフォールド、めっちゃかっちょいいなー!ほっしーなー!2000ドル近くするけどな!もはや携帯に払ってもいい金額の上限を軽く超えてるね!!


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事