4/29/2019

ルンバぽちしました

少し前にあーだこーだと言っていた義兄宅訪問ですが、予定通りわたしは残り夫ひとりで出かけていきました。結局金曜日の夕方出て、月曜日の夕方帰ってくるので3泊4日。

うーん、3泊4日はやっぱりウサギも心配だし、無理だなぁ。帰ってきたらめっちゃ散らかってそうだし。


うさぎ、基本的にはちゃんとおトイレを使ってくれるのだけど4匹もいるとね、落とし物もけっこうあるんです(笑)昼間はマメにほうきとちりとりで掃除したり(※朝イチで毎日掃除してます)しているものの、夜中起きてあっち行ったりこっち行ったりしているみたいでその分は朝起きると割と散らかっていたりして。

あ、うちのうさぎは完全に放し飼いです。


こないだルンバを注文しました(まだ届いてないけど)。スケジュールを設定したらその時間になったら勝手に掃除してくれるというやつです。

我が家には自動給餌器もあって、朝6時と夕方4時になると自動でペレットを出してくれるのでめっちゃ重宝してます。たまに出かけていると夜まで帰れなかったりするので。


で、ルンバを買ったのは家を空けた時に誰かにうさぎのエサをやりに来てもらうとしても、あんまりに床に落とし物が散らばっているのはどうかしら・・・ちょっと、引くかなぁーと思ったからなのですね(;^_^A 自動でスケジュール設定した時間になったら床だけでもロボットが掃除機かけてくれたら見た目が全然違うかなと。


今年、できれば短期間でも一度日本に帰ってオカンの顔を見たいなと思っているんです。となると、最低でも1週間、長かったら2週間くらい家を空けないといけないのでそのへんも考慮して夫と話し合って決めました。っていっても夫はいつも「君が欲しいものはなんでも買っていいよー」って言うんですけど。

※なんでも買っていいよと言いつつ、事前に稟議のお伺いを立てるとたまに却下されることもあります(笑)2台目のカメラとか。YouTubeの収益で買ってもいいんだけど。


実は食洗機を買ったときに「あなたは食器も自分で洗わず、冷凍食品をあっためて出したり、食事もいつもワンプレートで、子供もいないのに1日中家で何をしているのか」とコメントで言われたことがありましたが(消しました)、ふふふ、掃除ロボも買っちゃったぜー。

こういうコメントがあってねーと夫に笑いながら話すと「僕が妻に求めるのは3品揃ったご飯を出してくれることじゃない。僕には僕の求める条件があり、君が僕のニーズを満たしてくれる限り君は僕にとっては良き妻であるからして、そういうのは気にするでない」と言われました。まあアメリカではそれこそ1970年代から食洗機はどの家庭にもあるしね・・・。

要は洗濯機みたいなもんだと思えばいいんですよね。だって、今時手でお洗濯していたら「ちょっと、洗濯機買えば?」ってなるよね。しかも昭和と違って今や全自動が当たり前だし(実家では1980年代に二槽式を使っていた覚えが・・・)。


苦労して、時間をかけて、肩身の狭い、大変な思いをしないと「いい奥さん」になれない、ってこともないと思うんです。お料理が好きで何品も作るのにやりがいを感じる人もいるし、ゴハンはおなかに入ればOK!って人もいる。まあ、そのあたりは旦那さんの期待値というかプレッシャーにもよるのかもしれませんが。

逆に、もし日本でよくあるみたいに奥さんは家事育児を完璧にやるけれど疲れ切っちゃって夫婦生活がもう年単位でない、みたいになっちゃった日には我が夫には即刻離婚を申し渡されると思います。人によって「よき妻」の定義は違うということでいいんじゃないんでしょうか。夫婦の数だけ正解があっていいんですよ、きっと。





↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4 件のコメント:

  1. こんにちは〜。
    昨日は夫と長男の強い希望で、隣国の静岡県は富士宮市の奇石博物館へ行って参りました〜!
    私は乗り気ではなかったのですが、行ってみるとこれがまた面白い!
    砂利の中から宝石をすくい出すストーンハンターというのがありまして。
    息子は過去に2度ほどお父さんと行ったことがあるんですが、私はお初。
    これが、ハマるんですね。
    私は淡い色のローズクォーツ、アメジストや、淡い水色のストーンなどを気づけば集めていて、一方息子は、ダークな色の石を集めていて、、面白かったです。ダルメシアンとかいう石もあって犬のダルメシアンそっくりな柄。黒曜石とか、タイガーズアイとか、もう素敵でした。
    1歳の二男もシャベルで砂をかき混ぜて楽しみました。

    で、最後のオチは、帰り際にベビーカーをなんと車に積み忘れるという。
    帰宅して気づいたので、即博物館へ電話。すると駐車場にありましたよー、とのことで、後日取りに行くか、はたまた着払いで郵送していただくか今検討中であります。まぁ、梱包も大変なので取りに行くことになるかと思いますが、、、その時は別の静岡県観光プランをたてて行くしかないと腹をくくりました。なにせ10日もある黄金週間。

    ドタバタ劇場子育てあるあるかなとも思います。笑
    これが長男の時だったら、めちゃショック受けてたはず。二男となると、まぁーしゃーないってなるんですよね。
    色んな経験を積んで、ミスを受け入れる度量ができたような。

    夫婦のお話、子どもの話、うんうん!そうそう!共感です!

    自分たちが幸せを感じていれば、それがもう最高の人生ですよ。

    私も1人目を出産後、育休明けに仕事復帰したときには、2人目は?なぜ?なぜ作らない?とやんや言われました。
    特に年齢の重ねた女性の先生に。

    私が思うに、一人っ子ってその子だけにお金をかけられるし親も子育てが終わるのが早い。そこを、、なんというか妬む輩がいるんですよね。
    2人産んだ方が何かと助かるわよ、とか
    あなたたちが年をとったら、子ども1人に親の面倒みさせるわけ?兄弟いなくちゃ、かわいそう!

    ムカつきましたね!笑

    私は5歳離れて、2人目を産みましたが、人に言われたからではなく、自然に。
    なぜすぐ作らなかったかというと1人目が帝王切開で、傷跡を見るたびに、再びここを、切ることに勇気がいったことと、祖父母遠方で、何かと子育てが大変だったから。

    私は未婚の人や既婚で子どもがいない方に、やーやーあーしろこーしろなんて、ナンセンスなことは絶対にしない。だって自分がその立場だったら嫌だから。
    自分が言われて嫌なことは言いません。相手の立場になって考えることって大切ですよね。

    幸福は人によって違います。
    人にあれこれ言われることじゃありませんよね。

    ゆかりさん、日本に帰省されるかもしれないのですね。
    そのときは、久々の日本を楽しんでくださいね。そしてお母さんとゆっくり過ごされてくださいませ!

    ヒロ

    返信削除
    返信
    1. あら、ベビーカーを忘れたなんて大変でしたねぇ。小さいお子さんがいるとどうしてもバタバタしちゃいますよね。早く手元に戻ってきてくれるといいのですが。
      人にはそれぞれ事情がある、ということを想像力を以てなんとなくでいいので理解できる世のなかになれば、と思うのですが、自分の物差しだけが正しいと思っている相手だとなかなかそれが難しいですね。昔はそれが普通だったのかもしれませんが、今ではアメリカでも同性婚や異人種間の結婚が認められているけど数十年前は違法だったことを考えると、みんな違うけどそれでいいんだ、という方向に向かっているような気がします。すてきなGWをお過ごしくださいね!

      削除
  2. ルンバを使ったらベッドの下を掃除する小さいストレスが減りそうですね!私もいつか欲しいですな!確かに、うさちゃん達を誰かに見に来てもらう時ある程度キレイだったらゆかりさんと旦那さんの気が少し楽になりますよね。
    あはは、ワンプレートばっかりだめですか!(笑)うちもワンプレート率高めです^^;アメリカ人の男の人はワンプレートだろうがなんだろうが気にしない人多くないですかね。育った家庭にもよるでしょうけど。これも個人で違うと思いますがミリタリーにいたら贅沢な事言えない時があったりして余計ご飯に執着なくなるのかな、なんて思ったり。ちょっと泣けますね (T‐T)勝手な予想ですが日本人の男の人も若い人達は品数とかそんなに気にしなそうな気がします。何でもいいよ!と言ってくれそう。うちの父親は何品もないとダメらしくて母は、ご飯は諦めて作るけど掃除はもうやってらんない!と言ってルンバをめっちゃ可愛がってるみたいです(笑)

    返信削除
    返信
    1. そうそう、ベッドの下めっちゃ掃除しづらいんですよ!!隅っこにウサギの毛とかたまってそうで・・・。ちょっとでもお掃除が楽になるといいなと。
      あ、若い人は違うのかもしれませんが、だいぶ前に日本に夫と帰省したとき実の弟(4歳下)に「朝は夫より早く起きて化粧して朝飯の準備をするのがヨメだろう!一緒に起きてくるとは何ごとか」って怒られてびっくりしました。スイマセン・・・父が割と3品揃ったご飯を期待するタイプだったので、そういう価値観の刷り込みもあるのかな・・・。夫に後でその話をしたら怒っていました(;´Д`)
      アメリカは専業主婦でもゴハン作らない人っていますよね、たまに。HGTVとか見てると「うちの奥さん、ゴハン作らないから」と言ってキッチンにこだわる旦那さんをたまに見ます(笑)得意な方がやればいいんだっていうその割り切り方は割と好きですねー、合理的だし。

      削除

人気の記事