5/08/2019

ボタンを押すだけでいい家電について主婦として思うこと

朝5時起き7日目。朝から調子に乗ってまたトラックで走ったら蚊にめっちゃ刺される。しかもオクラホマの蚊はタチが悪いのか、刺されたところが大きく赤く腫れるわ、すっごい痒いわで散々です。やっぱり当分は外じゃなくてジムで走ろうと思いました(;^_^A

夫いわく、今の時期は日の出が朝6時半過ぎだけど夏になったらもう少し早くなるので、そしたら蚊も減るんじゃない?とのこと。そう、今はまだ朝6時だと暗いんですよ。暗い中汗をかきながら走ったりしているとそりゃもう蚊の絶好のターゲットですからね!


***


実は数日前に病院へ行く用事があったので朝6時に家を出たんです。月に一度くらいだし、夫は普通に仕事に行くのでうさぎのゴハンは夫におまかせして出かけるのですが、今までだと病院から昼過ぎに帰ってきて掃除機かけて、うさぎのケージの掃除して、という作業がまるっと残っていたのが今回はなんと夫がルンバをぽちっとして掃除機をかけておいてくれたのであります!!!

いや、正確に言えば掃除機をかけてくれたのはサブリナ(我が家のルンバの名前はサブリナです笑)なので夫はボタンを押してくれただけですが、それにしても帰ってきて家がキレイっていうのはすっごいいい!

夫には前日の残り物をあっためてお昼に食べてもらったので、シンクに汚れた食器が残っていたけど、それもささっとすすいで食洗機に入れてスイッチをぽちしたらオッケー。洗濯機もついでにブイブイ回していつも通りの一日を過ごせましたとさ、という話。


これがサブリナも食洗機もいないとなると、昼過ぎにおなかをすかせて帰ってきても部屋はまだ散らかっているし(別に夫に掃除機をかけてもらいたいということではないです、夫だって朝早くから仕事へ行かねばならんので)、夫が朝食と昼食を食べた食器は洗わないといけないし、うんざりしていただろうなぁと思うのです。


もちろん、炊事洗濯に掃除というメインの家事以外にもゴミ袋やトイレットペーパーの類をちゃんとストックしておくとか、食材を買いに行くとか、下ごしらえをして冷凍しとく、みたいな「名もなき家事」というのが無数に存在するのだけど、それでもメインの掃除洗濯や食器洗いを家電にやってもらうというのは大きいです。

こういうことを言うと「主婦なんだからそれくらい自分でやりなはれ」と言われそうですが、何も百万円もするマシンが欲しいと言っているわけでなし、数万円で数年に渡って毎日1時間なり2時間なりが買えると思えば別にわたしは家電に頼ったっていいと思うんですよ。


だって、家事って毎日のことじゃない?せっかくその技術が手頃な値段で手に入る時代に生きているんだもの、その恩恵を享受したって別にバチはあたらんでしょう。

「ボタン押すだけじゃねーか!そんなん家事とは言わねーよ!」という反論が飛んできそうだけど、いや逆にボタン押すだけでいいなら旦那さん、たまにはボタンくらい押してあげなよ!とわたしは言いたい。


わたしは夫がテレビを見ている横で30分お皿を洗うくらいなら、食洗機にお皿を洗ってもらって夫のとなりで一緒にテレビを見たいし、ルンバにお掃除してもらっている間に夫とジムへ行って一緒の時間を過ごしたい。

旦那様が仕事だけして、帰宅してゴハン食べたら自室に引っ込んでゲームしてるのに奥様がキッチンで後片付けに追われる、というのよりは夫婦としてはよっぽど健全なのではないかと思います。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

2 件のコメント:

  1. こんにちは。
    サブリナさんに、食洗機!いいじゃないですか!いいですよ!大賛成!

    それを購入した二人の生活が潤って、新たな時間を生み出せて、使い勝手がよくて、二人が夫婦として仲良く心地よく暮らせるなら、万々歳!

    私は夫と同じ教員でしたが、共働きの時、まぁなんと妻の負担が多いことか。笑
    仕事は女性だからって軽減されるわけではないし、経験年数も年齢も上の私は夫より任される仕事も給与も多かったですけれど、家事育児の大方は私がやっていました。
    ◎朝夜の食事作り
    ◎誕生日や記念日のパーティー準備用意料理
    ◎食料品の購入
    ◎家具家電の配置検討購入
    ◎旅行の手配、帰省時の飛行機予約
    ◎両親義両親ならびに祖父母義祖父母へのお中元お歳暮、母の日父の日敬老の日のプレゼントの購入配送
    ◎子どもの保育園のお弁当作り(給食の日もあるけど)
    ◎子どもの衣類持ち物への名前書き
    ◎部屋、お風呂、トイレの掃除
    ◎洗濯と場合によってはアイロンがけ
    ◎子どもの保育園への送迎
    ◎子どもが熱を出した時に時間休もらってお迎えと病院へ連れていく
    ◎子どもの数多い予防接種の管理等々
    ◎夏物冬物衣類整理
    ◎家族の年賀状の作成とアルバム整理
    まだまだあるはずですが、これほとんど私がやっていました。
    笑笑

    夫に頼んだこともあるし、たまにやってくらることもありましが、私が8割夫2割。かつ夫は整理整頓好きじゃなく、のんびりタイプなのであまり乗り気じゃない姿を見ると、気持ちよく私がやった方がいいなと。

    それで夫婦ともに多忙で、どうしても子どものお迎えが間に合わない時が続くときは、北海道の母親を呼びました。
    そして2週間くらい、家のことを母に依頼したのです。
    すると、まぁ!快適!神様!!
    だって、私たちはやりがいのある大好きな仕事だっけやってりゃいいんです。

    家に帰ったら子どもも待っていて、ご飯もできていて、掃除洗濯もすっかり終わってるんですもの!!!

    仕事だけに専念できる環境はこの上ない幸せ!!と実感し母に大感謝したのです。
    ということは、専業主婦っていうのは、旦那様が仕事に専念できる環境を作っている!神様仏様女神様で、本当にかけがえのない素晴らしい存在なのです。

    だから私は古い考えの特に日本人に言ってあげたい。
    例えばルンバ使って、旦那に養ってもらって手抜きでラクして何事だ!ななんて言う輩がいたら、

    じゃぁ、あなたが家事育児やったら?
    私が働くから と。

    専業主夫になったら、仕事の方が楽だー!家事って相当大変だと知るのでは?

    時短のために夫婦で相談して納得した上で、機械に頼っても1ミリも悪くないし、他人に家庭や家事のこととやかく言われる筋合いはないですよね。

    ふー!熱くてごめんなさい!!

    ぜひ、食洗機にもお名前を!
    日本の名前もいいかも?!
    洗ってくれるので、新井ならぬ洗井さんとか笑
    センスない?!笑
    ヒロ

    返信削除
    返信
    1. すごい、働いていた頃にされていた家事のリストを見てめまいがしました(;´Д`) わたしはフルタイムで仕事をしながらこれは無理かもしれません!子供がいるって、それだけでもフルタイムの仕事なんですねぇ。すごい、偉いです!
      食洗機に名前、付けようと思いつつ忘れちゃってます。そういえば日本に電気ポットで「わく子さん」というのがいるらしいですね(笑)

      削除

人気の記事