6/14/2019

結婚して9年目でも知らずにいたこと

夫に昨日いきなり「明日歯医者行くことになったから送ってー」と言われ、てっきり町内だと思っていたら車で1時間行った先の歯医者さんでした。

大昔にどういう経緯かBMT(ブートキャンプ)で歯を2本引っこ抜かれ、そのまま替えのクラウンなりインプラントなりを入れずになんと今まで放っておいたらしいです。しかもびっくりしたのが、結婚9年目にしてそれを妻であるわたしが知らなったっていうね!

上の奥歯なのでまあ前から全然見えないし、本人が言わなければ全然見えないんだけど、確かに場所的によっぽど口を大きく開いて見せてもらわないとわからない位置ではあります。


わたしだったらそんな場所に大きな穴が開いていたら耐えられない!と思う。ちゃんとごはん食べられないし、歯磨きだってしにくいじゃん!

去年の9月にわたし、奥歯がある日いきなり欠けてですね、クラウンを作ってもらう手筈で段取りを進めていたら10月にハリケーンが来て避難騒ぎになり(歯医者は長期休業状態)結局今年の1月まで仮のクラウンで過ごしたことがあるのですが、もう苦痛すぎてげんなりしました。

歯が欠けた原因は個人的にはBMTで悔しさのあまり奥歯を食いしばりすぎたせいだと思っているのですが(笑)夫には「歳でしょ」の一言で片づけられてしまいました。ははは。


それはさておき、夫を歯医者で降ろしてそのままわたしはターゲットでものぞきに行こうかなー♪なんて気楽に思っていたら「全身麻酔なので、送迎の方は待合室でお待ちください。絶対ここを離れないでください」と言われ、1時間くらいで終わると言われたのに待てど暮らせど呼ばれる気配なし。

最終的にすべての処置が終わったのはなんと約3時間後でした。3時間もかかるなら別にずっとここにいなくても一旦どこか行けたんじゃね?


もうーおなかはすくし、待合室は寒いし(アメリカの空調設定温度は低すぎると思う)処置後の夫はとてもご飯を食べられる状態じゃないし麻酔でぼんやりしているしで、もうどこにも寄らず黙って運転して帰ってきました。

夫はもちろん麻酔の影響もあって、帰り道ずーっと助手席で爆睡していましたよ、えぇ。しかもいびきまでかいて!大体いい年をして局所麻酔が怖いとはどういうことか(処置中意識があると怖いので全身麻酔にしてもらったらしい。君は曲りなりにも軍人ではないのか、というかもっと人生には怖がるべきことが他にあるだろうと思うのだが)


今回ついにインプラントを入れてもらったのだけど痛みがひどいそうで、痛み止めはもらってきたけど硬いものがまだ全然食べられない。「アイス買ってきてー」と言うのでわざわざウォルマートでね、アイス買ってきたよ。

アメリカのありがたいところは、最近ではこんな田舎のウォルマートでもヴィーガン用のアイスクリームを売ってくれているところ。フレーバーの選択肢はあんまりないけどね(;^_^A そんなわけでマンゴーのシャーベットと、Ben&Jerryのクッキードウ味を買ってきました。


医療費の高いアメリカにおいて、普通にインプラントを入れたら多分めっちゃ高いと思うのですが夫は軍勤務なのですべて無料でした。軍勤務のメリットのひとつです(笑)

あっでも痛み止めを飲んでいるあいだはお酒を飲んではいけない(帰宅してすぐビールを飲もうとしたので全力で止めた)から数日禁酒もできるし、やっと歯の面倒も見てもらえたし、結果よければすべてよしということにしておきたいと思います。




↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事