7/24/2019

Amazonのアカウントを乗っ取られた!&対処法

去年年末にオクラホマの田舎に引っ越して以来、Amazonにはめちゃめちゃお世話になっているのですが最近、アカウントを乗っ取られたのでは?という事件がありました。

うち、昔はPrimeに加入していたものの値上がりと共にやめちゃったんですよ。日本はプライムが4900円とかいうので羨ましい限りですが、アメリカでは最近値上がりしたので年会費が109ドルとか119ドルとかそんな感じだったと思います。

で、で、で!!


先月なぜか自分がオーダーした覚えのない映画のデジタルダウンロードの通知がAmazonからメールで届き「ご利用ありがとうございました」とか何とか言うではないですか!

急いでAmazonに電話し「これ頼んだ覚えないんですけど!」と言って返金してもらい、パスワードをすぐに変更してその時はそれで事なきを得たのです。


しかし、昨日また同じように頼んだ覚えもない映画のダウンロード通知が届いたのでムキー!となりまたAmazonに電話しました。


それにしても何なんですかね、あのカスタマーサービスっていうのは!!!

まあこちらの英語が第二外国語だということもあるけれど、最近のカスタマーサービスは海外に委託しているので相手も流暢な英語をしゃべらないんですよね(;´Д`) もう、糸電話で話しているの?これ糸電話なの?という意思の疎通っぷり。

結局また同じく返金手続きとパスワード変更をして、さらなる調査の依頼をしたわけですが、それから数時間後、また同じ映画のダウンロード通知が届きました。

ナメとんか、Amazon。セキュリティどないなっとんねん。


のみならず、それからしばらくしてもう一本別の映画のダウンロード通知が届きました。
ナメとんか、盗っ人!!!


この時点でかなり怒ってAmazonに再度電話。

1.返金手続きをしてもらい、2.請求先のクレジットカード情報を削除、これ以上の購入手続きができないようにしてもらいました。

今後さらに調査をするので・・・と言ってはいましたが、なんせインドのカスタマーサービスなので本当かどうかも疑わしい・・・。


これに加えて、これからAmazonに登録していたクレジットカード自体も発行元に電話して再発行・差し替えしてもらうことにしました。

IDを勝手に盗まれてパスワードを変えてもすぐにまたログインされる、ってことはこっちの情報は筒抜けなわけで。もうー、こういうのは本当に疲れます。アカウント自体の削除も考えたけど、もう何年も使っているので今までの履歴が消えるのもちょっとなー。


今迄はAmazonのアカウントにクレジットカードの情報を登録してあったのを、これからは毎回購入手続きをするたびに面倒でも手で番号を打ち込むようにしようと思います。それにしてもさ、Amazonも大きな会社なんだからこの辺のセキュリティは本当ちゃんとしていただきたい!!!


しかも何が腹が立ったって、

1.最初に盗っ人がオーダーした映画の金額が12.99ドル、2回目が5.99ドル、3回目が3.99ドルで、これは「少額だったら気付かれないのでは?」と思って盗っ人がやっているに違いない。金額の問題じゃないっつーの。

でもこういうの、クレジットの明細とかメールとかあんまりチェックしない人だったらすぐに気付かないかもしれませんよね。それくらいの金額だったら「あれ?なんか買ったっけ?」で見逃すかもしれませんし。

2.盗っ人がオーダーした映画、3本ともどれもcheesy(くっさい)なロマンス映画だったんですよ。例えたまたまNetflixとかに入ってて、かつ他に見るものが何もない時にだってわたしだったら絶対見ないな・・・というくっさいロマンス映画をなぜ続けて3本も頼むのよ!うちのアカウントを使って!

と言うと夫に「君はIDを盗まれたことよりも、そのIDで頼んだ映画がくっさいロマンス映画だったことに怒っているんだね」と大笑いされましたが、映画の趣味が悪いよ、泥棒さんよー。


Amazonのアカウント乗っ取りは他にも、頼んでもいない荷物が勝手に自宅に届くとか、高額請求がいきなり来るとかあるらしいので注意が必要ですね。

でもいくら田舎に住んでいるからといって何でもかんでもAmazonに頼り切るのもよくないなーと今回思いました。昔はなきゃないなりになんとかしていたんだから、もうちょっと利用を控えようかなぁ。うぅっ。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事