7/14/2019

アメリカン、安定のいい加減さ

体調を崩したと書いた我が家のオリバーくん、おかげさまですっかり元気になりました。ご飯ももりもり食べているし、排泄もちゃんとできているので大丈夫みたいです。よかったよかった。


さて、今住んでいる場所が赴任地の関係で超ド田舎なのです。以前の赴任地だと町にいくつかジムがあり、そこからよさげなクラスのあるものを選んで入会するという感じだったのですが、なんせ田舎なもんで選択肢がありません(24時間フィットネスか、基地のジムくらいしかない・・・)。

わたし、ジムが提供するグループエクササイズのクラスが割と好きなんですよ。インストラクターとの相性もありますが、それなりのジムだと朝から晩までいろいろプログラムがあって、ヨガもズンバもし放題!・・・だったのだけど、まあ今の環境ではそれは残念ながらかないません。

はっ、もしかしてだから太ったのか!?(前はズンバめっちゃ行ってた)


一応基地のジムが少ないながらもボランティアのインストラクターで週に数本プログラムを提供しておりまして、たまにプログラムを見ながら「行きたいけどちょっと時間帯が合わないなー」と思っていたところ、最近ヨガのクラスの提供を始めたということで(しかも土曜朝!)めっちゃ喜んで行ったのです。


そしたらね、ね、ね!!!
インストラクターがなんと来なかったんですよー。

開催されるはずのクラス前で待てど暮らせど来ないので(参加希望者数名で待っていた)、ジムの職員に「今日クラスキャンセルとか連絡ありました?」と訊いてみると「そういう連絡はないけど、もうクラス辞めるって言ってたわよー」と言うではないですか。

なんでも旦那様のdeploymentが決まったそうで、その期間実家に帰ることにしたそうです。ジムの職員さんは「でも今日で最後って言ってたけどねー、今日は来ないのかしらね」と。


そりゃね、ボランティアが無償で提供しているサービスなので、家庭の事情でやーめたってなるのはわかるんですよ。それでなくても夏休みは子供が家にいるからとかいろんなインストラクター側の事情でキャンセルになっているクラスばかりだし。

でもさぁ、でもさぁ、来ないなら来ないでなんかひとこと連絡入れるとかさぁ!!そういうのはないんかーい。もしかして誰かが来て待ってるかも、とかそういうことは考えないんですかね。


まあもうジムまで来ちゃったし、せっかくだしと思ってトレッドミルで10㎞くらい走って帰りました。アメリカ人(というのでひとくくりにしたらあかんとは思うけど!)、ほんとにそのへんいい加減ではありますよね。

そういえば昔行っていたジムで、お金をもらってクラスを教えているインストラクターでもクラスに遅れたりとかは割とけっこうありました。それで許されるところがアメリカのおおらかなところでもあり、たまに頭にくるところでもあります。


日本の電車が数分遅れただけで謝罪が入るほどの生真面目さは必要ないとは思うけれど(あれはあれで大雑把なわたしには生きにくい世界だった)、相変わらず安定のいい加減さですね(笑)


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事