8/10/2019

日本で一体何を着たらいいのかすっかり迷子な件

来月久しぶりに日本へ2週間ほど帰国することになりまして。


今年の夏は2枚のドレスを毎日ぐるぐるとお洗濯しながら飽きもせずに着ているわけですが(一日家にいる時はたまにTシャツとショーツを着ていることもあります)ふと「あれっ?来月日本に帰る時はこの服でいいのか?」と考え出したら夜も眠れなく・・・

とかいうことはまあないんですけど、6年も日本に帰ってないもんで一体日本の皆さまが何を毎日お召しになっているのかがまったくわかりません。

別に流行っているものを着たい、というわけではなく「来年40になるアラフォーは果たして膝上のワンピースを着て外を生足で歩いても許されるのだろうか」とかいうことについて考えているわけです。


実はわたし、渡米した直後には「もう三十路だから膝上のワンピースなんて着たらダメなんだわさ、生足は許されないんだべさ」とずっと思って頑なに足を出すのを拒否していたのです。でもね、そこはフロリダ(暑い)おばあちゃんだってどんなにふくよかな女性だって皆こぞって生足ショーツだし、別にそのことに対して文句を言う人は誰一人としていないわけです。

というかアメリカは「別に自分の着たいものを着たいように着たらいいんじゃね」というスピリッツが浸透しているので人がどんな格好で歩いていようが他人をほめることはあってもけなすということはあまりありません。「あなたはそういうのが好きなのね」でおしまい。さすがに裸だったらタイホされちゃうけどね!


太っていても痩せていても、人の外見のことはまず話題にしないのが暗黙のルールですが、逆に人をほめることは割と普通。見知らぬ他人に「素敵なお洋服ねぇ!」とか「素敵なバッグねぇ!」と声をかけることはしょっちゅうあります。この場合の正しいリアクションはにっこり笑って「ありがとう!」です。

日本で例えば駅で電車を待っていて、他人にいきなり「素敵なお召し物ですね」なんて話しかけられた日にゃぁ「き、貴様何を考えておる・・・!」ってなって黙って目をそらして隣の車両に移動しちゃいそうですよね。


夫にも「好きなものを着たらいいじゃん、三十代なんてまだまだ若いよ」と言われ「そうお?じゃあ・・・」と少しずつアメリカの感覚に染まっていったわけですが、日本では例えばわたしくらいの年齢のアラフォー女性が胸元の開いたドレス(谷間が見える)を着て外を歩くのもNGだったりするのでしょうか・・・。

あとワークアウト用のレギンスで外を歩くのはOKなんでしょうか。アメリカではレギンス一枚で普通に皆ワークアウトしている&外を歩いているけど、日本の方の写真を拝見すると皆レギンスの上にショーツを重ねて履いてらっしゃるようで。レギンスを1枚で履いちゃだめなのか・・・?


こういうのって最終的には「誰の目を一体気にしているのか」ということですよね。
親兄弟?親戚?見知らぬ街ゆく他人様??

などといろいろ考えているうちに、そういえば二十代の頃日本の企業で働いていた時に女性はクリスマスケーキ(25歳過ぎたら誰も結婚してくれない)だの、大晦日(31)過ぎたら売れ残りだの、もうちょっと痩せろ、二の腕が太いなど言いたい放題おじさま方に言われたことを思い出しました。セクハラじゃね?

そういうことがまだ許される時代だったというか、もしかして日本ではいまだにそういうのがまかり通っているのかもしれませんが、赤の他人にそういうことを言えてしまうって怖いなぁと思います。


とりあえず今の時点では普通にアメリカで着ている洋服を日本に持って行って、どうしても「あぁ、これで外は歩けない」と思ったら現地で調達すればいいや、という結論になりました。結局他人が何を着てようが人は自分が思うほどあんまり気にしてないもんだし。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

4 件のコメント:

  1. ゆかりさん、こんにちは。
    久し振りのご帰国今から楽しみですね。
    日本のファッションですが、都市部は特に外国からの旅行客も増えてきたので、あまり人の事をジロジロ見ないような気がします。
    年齢ですが、言わなければわからないので気にする必要はないと思いますよ。
    結局見た目なのでお洋服が似合っていれば良いのではないでしょうか。
    確かに会社組織の中では色々と言われがちですけれど、プライベートなので自信を持ってお好きなファッションで歩いて下さい。
    ちなみに今の日本の流行りはTシャツやブラウスをインしてマキシ丈のスカートやガウチョパンツを合わせる感じです。
    スカート丈が長いゆるめのお洋服が多く、体にピタッとしたタイトなお洋服は少なくなりました。トップスは若い子ほどタンクトップですが、二の腕が気になる40代以降はおのずと露出は控え目になります。
    外国と違って胸の谷間は私でも「おッ‼️」ってなりますけれど、チラ見されたら外国人の振りをして無視しましょう 笑
    せっかくの里帰り。他人の目は気にせず楽しんで下さいね。

    よりより

    返信削除
    返信
    1. こんにちは!コメントありがとうございます。最近はそうなんですね!なんか久しぶりなもので、ちょっと自意識過剰になってしまいそうです(;^_^A 気候も9月下旬、暑いのか寒くなってきているのかわからないし、楽しみながらパッキングしたいと思います。

      削除
  2. 9月に日本にいらっしゃるのですね!ぜひゆっくりと羽を伸ばしてください(*^^*)
    服装については、外出してみてもし気になるようであれば現地調達できますし、さほど気にしなくても良いのではないかなーと思います。

    セクハラ、新卒で入社した会社でありました...。うわー!!!!今思い出しても、物っ凄く気持ち悪い!!!!!!本人は他人につけた傷なんて気にせずのうのうと生きているんでしょうけど。思い出すたびに、地獄に堕ちろと心底思います(^三^)冷笑(こんなことをコメントに書いてすみません...久々にドス黒い泥のような気持ちがフツフツと...)

    そういえば、セクハラとは違う話なのですが、男性社員(以後●)さんが世間話の中で、「結婚を考えてはいるけれど、彼女の体の問題で子供は望めないかも...」って話をしてきて(この時点で、おや?この場にいない彼女のデリケートな話を世間話でホイホイ話すなんて、雲行きが怪しいかも...と思いまして)、「●さんは検査されたんですか?」ってお聞きしたら「してない」とのこと。

    二人の事なのになーと思って、部外者の私が本当に本当に失礼とは思いながら、不躾ながら「●さんも検査した方がいいですよー。」って言ったら驚いたような表情で一瞬固まっていました。自分が検査を受けるとはみじんも考えていなかったようです。
    しかもそんなデリケートな話を(今日のお昼ご飯について話すように軽いノリで)持ち出すとは...。子供を望むのであれば二人ともブライダルチェックを受けるもんだと私は思っていたけれど。うーん。なんだかモヤモヤします!

    そんなことを思い出しつつ、いい加減この暑い夏が早く終わってくれないか、秋よ早く来いー!と願っている今日この頃(^^;;;;)日本の夏は蒸し暑くて体がしんどいです...。秋冬になれば今度は「乾燥で肌がー」などと言い出すことでしょう(笑)

    ゆかりさんも、どうぞ体調に気をつけてお過ごしくださいねー☆

    返信削除
    返信
    1. こんにちは!コメントありがとうございます。そうですよね、日本は便利でいざとなれば現地調達できますもんね☺
      ふふ、わたしは中高といじめられてきたのですがいまだにいじめっ子のことを考えると黒い気持ちになりますよー。本当に、人を傷つける人はその痛みを少しでも感じたらもう同じことはできないだろうと思うのですけど。
      その男性社員の方、ちょっと思いやりがないですね(彼女に対しても、周りに対しても)。そういうプライベートなことを会社でさらっと気軽にしゃべっちゃうのはよくない!とわたしは思います・・・。
      日本も暑いんですね。日本は特に湿度が高いからしんどいですね。お互いに夏バテしないように気を付けましょうねー。

      削除

人気の記事