9/11/2019

車一台生活のメリット・デメリット

約2か月ほど前に、2台あった車のうち1台を売りました。

アメリカに住んでいるので、車がないとどこにも行けない(NYとかサンフランシスコとか、公共の交通機関が充実している場所は別ですが)のが現状です。なので、夫婦でもひとり1台、家庭で2台持ちは当たり前というご家庭が多い中、我が家も例にもれずずっと2台持ちでやってきたわけですが、ここにきて車1台生活にチャレンジ中というわけ。


さて、今日はそんな中で車1台で生活するメリット、デメリットについて書いてみたいと思います。まずはデメリットから。


1.スケジュール管理が面倒

→1台しかない車を夫が仕事に乗っていってしまうと、わたしは家でどこへも行けずに引きこもるしかないのです。今は田舎だからいいけど(車があっても行く場所がない)。

別に車が2台あったからといって、必ずしも夫が仕事中に別の用事で出かけるかというとそうでもなく、家で一日過ごして気付いたら夫が帰宅という日もあるので問題ないっちゃないんですが。

買い物やアポイントメントなどの用事で車が必要な時は事前に申請して、夫のスケジュールと相談して車を使う算段を立て、夫を職場まで送っていかねばならないのでそれが面倒かな・・・。

2.夫が車を汚す

→これは夫の性格からか、もしくは男性だからなのかもしれませんが、とにかく車をキレイに保ってくれないんですよ!ダッシュボードには放っておくとうっすらホコリが溜まっているし、シートの足元のカーペットは超汚れるし、ドリンクホルダーには何だかよくわからない液体がついてべたべたしていたり、何かを食べた後のパッケージごみが運転席横のドアポケットに入っていたりしてたまに発見するとギャー!と思います。

これがふたりで車を分けていると、少なくとも自分が普段運転する方の車は割ときれいに乗っているため、ゴミとかすぐ捨てるし、ホコリも払うし、当たり前ですがギャー!と思うことはないので(笑)今はたまに自分が車を使う時にはギャー!と思って掃除しています。


逆にメリットはというとズバリひとつ。

1.かかるお金が半分になる!!!

→もうこれだけに尽きます。当たり前だけど車が2台あると1台の時より倍お金がかかります。車の登録料、保険、オイル交換、ガソリン代も2台分いるし、もし何かが壊れたら修理の可能性や払うお金も2倍。毎月毎年のことなので積もり積もればバカになりません。日本みたいに車検がないのと、駐車場代払わなくていい分まだいいのかもしれませんが。

特に我が家ではローンを組まずに現金で買える範囲の中古車を買っているので、税金だの保険だの登録料だのが数年ぶん、数十万円単位で浮くとその差額で安い車が買えます(笑)


車は5年くらいで減価償却して価格が落ちるところまで落ちるので、買うなら5年落ちくらいの中古車がコスパ的に一番いいというのが我が家の方針です。そんなの嫌よ、車は新車でなきゃ!という方もいらっしゃると思いますが、うちは燃費がよくて壊れにくくてよく走ってくれたらもうそれだけでいいという家庭なので。

将来的に新車をぽーんと現金で買ってもあまり懐が痛まない程度の経済力があれば買うかもしれませんが(;^_^A いや、でも新車でも乗って1日たったらもう中古扱いですからね。


でも、次の赴任地で住む場所が職場からすごく遠いとか、それなりに昼間やることがいっぱいあって大変!とかいうことになったら多分また2台目を買うと思います。それまでは浮いたお金を貯金かなぁ。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事