9/15/2019

実はわたしはとっても心配性という話

タイトルの通り、わたしは実はけっこう心配性です。おおらかさが自慢のO型さんのはずなんですけど(笑)

バックパックをしょって海外旅行にひとりで一年間行くくらいなので、自分自身のことについてはあまり心配しすぎるということはないのですが(自分ひとりならなんとかなると思っている)そこに他の存在が絡んでくるととたんに不安に襲われるのであります。


日本に久しぶりに帰るということでウキウキしているんだけど、いざその日が近づいてくると「もし誰々に嫌なことを言われたらどうしよう」とか、逆に「かっとなって誰かにいらんことをうっかり言ってしまったらどうしよう」、もしくは「夫、日本語しゃべれないのにもしはぐれて迷子になっちゃったらどうしよう」「不在中にうさぎが体調を崩したらどうしよう!」などとどんどんと心配ごとが頭の中に沸いてきて、まだ起こってもいない出来事に対して軽くパニックに(;´Д`)


夫には「起きてもいない未来の出来事についてそんなに心配してどうする」と言われるのですが、もうこればっかりは性格だからしょうがないのかもしれません。誰とも喧嘩せず、留守中ウサギも皆元気で(そのためにちゃんとお世話もお願いしてある)、あー日本楽しかったね!といってアメリカに帰ってこられたらそれがベストのシナリオなわけです。


というより、自分自身の行動はコントロールできても他のことは自力ではどうしようもないので、人が何か言うとか何かが起きるとか、そういうのは心配してもしょうがないんですよねぇ。


去年BMTに行った時に日曜に通っていた仏教の教会?集まり?で「他人が自分に何をするかはその人のカルマ、自分がそれにどう反応するかは自分のカルマですよ」と教えてもらったことがあります。

要は、起こる出来事に対してどう反応するかで自分の度量が問われるということなんだろうと思います。頭でわかっていてもね、難しいんですよねこれが・・・。なのでつい、予防線として何か起きた場合のことを先回りして心配してしまうのかもしれません。


何事にも動じず、平常心を保てるようになりたいもんです。わたし来年40なんですけど、とてもじゃないけどまだまだ不惑の域には到達できそうもありません(;^_^A


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

2 件のコメント:

  1. これまでのブログ見ていて、ゆかりさんは穏やか暮らされているけれど、本当は引け目に感じていることがあるんだろうと思っていました。一つはご自身も仰っていたようにお子さんがいないこと、もうひとつはきっと、アメリカでお仕事をされたことがないこと。日本で久しぶりに会う人達にそういうことに触れられたら嫌だなと心配なさっているのではないかなと思いました。 お子さんのことは、言ってくる人にデリカシーがないのでゆかりさんが気に病む必要は全くないと思います。でも、今の自分に引け目を感じて、人と会ったり関わったりすることに身構えてしまうのは、ゆかりさん自身が生きにくく、悲しいことだなと思います。ゆかりさんが、与えられた場所で自信を持って咲けるようにこれからも応援しています。一時帰国楽しんできて下さいね。

    返信削除
  2. 私は若い頃は心配性ではなかったんですが、年をとってきたら(現在47歳です)心配性になりました。
    若い頃は責任感がなく、人に嫌味を言われても気づかないか、すぐに楽しいことに気を取られて嫌なことや不安を忘れてしまうとか、ちょっとアホな人でしたので。
    私も旅行へ行く時は自分の犬の心配マックスです。
    でも案ずるよりGoですよ。
    絶対いい思い出が日本で作れますよ。
    日本滞在の報告楽しみにしてます。
    Harry the pug

    返信削除

人気の記事