9/07/2019

負債が我らを分かつまで

Amazonの番組リストを見ていたら「TILL DEBT DO US PART(負債が我等を分かつまで)」というカナダのリアリティ番組があったので夫と面白がって見てみました。

ちなみにタイトルは「TILL DEATH DO US PART(死がふたりを分かつまで)」のもじり。嘘か誠か、夫婦間での金銭についての争いや意見の食い違いは離婚原因のナンバーワンなんだそうで。


番組としては借金で首が回らなくなったカップルの金銭問題にメスを入れ、ついでに夫婦関係もよくしちゃおう!という趣旨のものなのですが、借金まみれの本人たちはさておき、見ている側としてはなかなか面白いというか興味深いものがあります。

旦那様がお医者様で年収数千万円あるにも関わらず借金が1億6千万あるお宅、旦那様の収入が割と少な目にも関わらず彼が稼いでくるより先に洋服だの子供のおもちゃだのをじゃんじゃん買ってしまう奥様、生活費の補填にうっかり消費者金融に手を出してしまったがために利子の支払いが元金の倍以上に膨れ上がったご家庭、いろいろありますがどこの家庭にも共通していることがひとつ。

それは、皆稼いだ以上にお金を使っている!!ということでした。


考えてみれば当たり前のことのはずなんですが、なんでこんな簡単なことがわからず皆借金まみれになっているかというと「未来」よりも「今」を優先させて人から借りたお金で「今」目の前にある欲望を満たそうとしているんですね。

結局のところ、年収が200万円でも収入の範囲内で暮らしていれば生活していけるし、たとえ年収が1億あったところで稼ぐ以上に使っていれば貧乏なんだなぁと思います。


年収が数千万円あるにも関わらず借金漬けのお医者様、一体何で借金をこさえたかというと、見栄のために買った豪邸、ヨット、高い車などが家計を圧迫していたらしく。

人にお金を使わせる原因にはいろいろありますが、やっぱり「見栄」が一番よくないんだな・・・。


この番組の最初にカウンセラーがカップルの過去半年分のお金の使い方を見て、彼らに「あなた方は過去半年、月にこれだけ稼いでいますが、それ以上にこれだけ使っています!」と真実を突きつけるのですが、皆「え?うち、そんなに使ってたんだ!」ってびっくりするんですよ。番組用の演技での反応かもしれませんけど。請求書を見るのにうんざりして郵便物を開封するのをやめちゃったカップルもいたので多分みんな現状把握ができてないんでしょう。


ちなみに我が家、先月の家計簿を月初に〆たところ食費を使いすぎたことが判明したので(笑)今月はなるべく買い物に行かず、日本へ行くまでに冷凍してある食材を食べ切るのが目下の目標です(;^_^A

やっぱり、何はなくとも現状把握っすよね・・・。



↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事