10/10/2019

人間って不便さにも便利さにも簡単に慣れてしまう生き物だよね

少し前に2台目の車を売って、車一台生活に入ってしばらく経ちます。

今日用事があったのでランチ後に夫を職場まで送り届け、そのあと食材の買い出しをしながら「人間って、割と簡単に不便なことにも便利なことにも慣れてしまうんだなぁ」と思いました。

この場合の不便なことはもちろん「夫を職場まで送っていって、仕事が終わる頃にまた職場まで迎えに行くこと」なわけですが、車なんて2台目がなきゃないなりにやりくりをして、冷蔵庫の中身と夫のスケジュールと相談しながらどうにかなるもんです。

結局のところ、その分節約できるであろう車の維持費やガソリン代、保険や修理費のもろもろを考えた時にその不便さと費用対効果を天秤にかけてどっちをとるかということなんでしょうね。


もちろんこれが今後違う土地に赴任になり、今よりもいろいろとわたしが昼間やることが増えたりとか、夫の職場が住居から遠くなるとか、そういうことが将来的にあれば状況は変わってくるわけで。

でもまあ、まだ起こってもないことについて心配したり考えたりしてもしょうがないのでね、そういうことになったらその時にまた考えればいいのよねと思っています。


逆に、毎日使っている食洗機だのルンバだのについても同じことが言えるかもしれません。なきゃないなりに前はなんとかなっていたけれど、便利なものが生活に登場するとあっという間にそれは生活の一部になってしまう・・・っていう。

将来的にその手の便利家電が壊れた時にどうするかなんてことを今考えてもしょうがないしね。あーでもなんだかんだで毎日使って使って活用しまくっているので、壊れたらその時には上位機種に買い替えくらいはするかも。


生活において「これがないとどうしても生活できまっせん!」と思っていても、案外なしで暮らしてみたらその不便さに慣れるのもあっという間だったりするし、逆になくてもいいかなと思っていたものが実際に使ってみたら便利で手放せなくなったり、人間の要不要の基準というのは非常に脆いものだなぁと思ったという話でありました。

洗濯だって手で出来なくはないけど、今更洗濯機なしの生活に戻りたいかと訊かれるとわたしには無理。でも一人暮らしで洗濯機なしで暮らしています!洗濯物は手洗いです、というミニマリストの方もいらっしゃいますしねぇ。

結局のところ、そのあたりの線引きは自分でしたらいいっていうことなのかもしれません。



↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

1 件のコメント:

  1. そうなんですよね、まだ起こっていない事を心配してもあまり意味が無いし疲れるだけなのでとりあえず準備だけはしておくのが良いかな〜と私は思っています。お金お金言いたくはありませんが、結局お金が無ければ出来ないことが多いので貯金を十分にしておいて備えておくとか、後は色んな知識を増やしておくとかですかね^^

    返信削除

人気の記事