10/22/2019

結局のところ「なんとなく幸せ」が最強なんだと思う

約4か月ぶりに唐突にある朝「あ、そうだ今日はビデオを作ろう」とふと思って、カメラを出してきて撮影をしました。

その後久しぶりに編集ソフトを立ち上げたらなぜか使えなくなっており(古いソフトだったので使っていない間にサポート期間が切れたのだと思う)アップデートしてくれと言われたのでお金を払って新しいバージョンにしたんです。

そしたら何故かソフトが立ち上がらず、このメールアドレスは既に登録されておりますというエラーが出て困り果てました(前の古いソフトウェアと登録アドレスが同じだったからだろうか・・・)。

週末に夫があれこれ調べてくれて、カスタマーサービスに連絡したりしてやっとソフトの登録が終わり、編集できるようになりましたとさ。ソフトのバージョン変わってて画面に慣れておらず、めっちゃ時間かかっちゃったよ。


なんか久しぶりにしゃべったのでウダウダですが(いつもだ)↓




実は夏ごろは割としんどい時期で、お金も時間もかかる不妊治療をあきらめて精神的にダメージが大きかったし、なんせ毎日うだるような暑さだし(暑いと本当にHP持ってかれる)SNSで心無いことを言われるのにも疲れたし、もうやーめた!と何もかも投げ出して元気になるまでYouTubeをお休みすることにしたのです。

わたしはインスタもFacebookもツイッターもやらないけど(YouTubeとブログのみ)他のメディアを並行してやっている人とかやっぱりいろいろ言われたりするんだろうな。うち、ヘタレやからあかんわ・・・。ブログは自分の好きなことを書き散らかしているだけだけど。


で、今日は朝からビデオをアップしてー、カレーとポテトサラダ作ってー(すいません今はまっているんです)、ピクルス漬けてー、オーツミルク作ってー、お洗濯してー、と家のことをくるくるやりながらふと思いました。

あれ、なんかわたししんどいところを抜けたんじゃない?と。


普通に毎日ゴハンを作ったり、掃除洗濯をしていても、ちょっとしたこと(漬物を漬けるとか、お鍋のくすみをクレンザーで磨くとかそういうこと)に気が回ってさっと手が動くためには、ある程度気持ちにも体力的にも「余裕」がないと無理なんだなぁってことです。

しんどい時は鍋肌がくすんでようが清潔であればオッケーだし、漬物なんか店で買ってきたっていーんですよ!辛い時は「別にこれを自分で全部完璧にやらなくていい」と自分にオッケー出してあげるって大事だと思うの。


人に何かを言われても「あはは、そうだよねー」と受け流せる時期と、そういうのにいちいちダメージを喰らって疲れちゃう時期、っていうのがあるんだなと。

しんどい時はね、だからもう思い切って休んじゃえばいいと思うんです。自分の中でエネルギーを使い果たしてしまって、充電が必要なんだよってことだから。


夏の一番しんどい頃は赤ちゃんのことを考えたり街で見かけたりするだけで悲しくてうろたえて涙が出たりしていたけど、こないだヒューストンに行った時に義理の甥っ子(義兄の息子)の顔を見て、心からうわぁ可愛いなぁと掛値なしに思えたのです。

自分の感情に蓋をしないで、ちゃんと向き合って、嫉妬したり悲しかったり怒っていたりする自分のことをちゃんと受け入れて、悩んだからこそ、前に進むことができた。


今は、お天気がよくて、ご飯が美味しくて、今日も元気で夫ともとっても仲良しで、うさぎは皆元気でかわいいし、別に何か大きなイベントがあるわけじゃないけど、なんとなく幸せ。

この「なんとなく幸せ」が毎日続けば幸せな一週間になるし、それが続けば幸せな一か月、一年になって、それが幸せな人生になるんじゃないかと思うのです。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

3 件のコメント:

  1. 楽しいビデオ!ありがとうございまーす!
    久々のうだうだトークは、ブログだけでは伝わらないゆかりさんの表情や雰囲気がよくわかって、楽しいです。
    文章で書くことと、直接カメラに向かって話す言葉が同じだとしたら、やはり動画の方が誤解なく伝わるというか、話し手の意図がよくわかりますね。そりゃそうですよね。

    そちらも秋なんですね、そしてすぐ冬。。
    我が家は、ラグビーにドハマりしてまして、、スタジアムにオーストラリア対ジョージアの試合を家族で観戦したり、横浜の臨海パークでファンゾーンやパブリックビューイングがあって、そちらへ足を伸ばしました。

    子どもたちは、初めてラグビーボールをさわり、おもてなしボランティアの方々が、優しく見守り相手をしてくださいます。もう!親子で楽しくて楽しくて。長男は、アスリートチャレンジってのに参加し、GPSをつけて、ミニハードル、パス、タックル、トライにチャレンジしました。
    自分の動きが数値化されます。
    初めてなのに、なかなか上手で、よほど、ラグビーやりたい、好きなんだろうなぁと。
    ゆかりさん!ラグビー観戦、めっちゃおすすめです。笑
    精神が素敵。
    試合中には、激しいタックル、スクラム。試合に負けた後でも相手を心から祝福しハグや拍手で讃える、お互いを労う、試合が終わったらノーサイド、
    これは、他のスポーツには、あまりない部分で、、サポーターも自国だけを応援するのではなく、お互いのチームを応援するんですよね。
    ラグビーワールドカップが日本開催で、各地で盛り上がり日本もベスト8入りしました。
    キャプテンのリーチマイケルは日本人以上に日本人で。海外出身選手と日本人選手をほんとにうまくまとめて、ONE TEAMにしてます。
    背が低くても高くても、足が速くなくても速くても、体が大きくても小さくても、みんなそれぞれ役割と個々に合ったポジションがある。
    そういうの、、息子にも合ってるなぁと思ってしまいます。
    今国内では、ラグビー用語が急に流行して、スクラム、ノックオン、オフロードパス、タックル、トライ、ジャッカルなど、みんな少しずつ複雑なルールを理解しようとしてます。笑
    日本も多様性を認める社会になっています。海外出身選手が当たり前にいる時代。島国日本は、どこか生粋の正真正銘の日本人じゃないと認めない!ガイジン!みたいな風土がかつてはありましたが、今はほんとに、良い方向へ変わりつつある過渡期。
    多様性を認める、他者を理解するっていうのは、本当に素敵だなと。
    ちょっと前まではラグビーは、なんかスクールウォーズみたいな、むさ苦しい暴れん坊集団のおしくらまんじゅうとか思ってました。←失礼すぎる。
    でも、そんなんじゃない!ってことがようやくわかりました!
    尊く意味深いスポーツです。
    私、チャラいスポーツやチャラい選手は苦手、イケてる!という人も苦手なんですよね。どうも◯ッカーが好きになれないのは、そこだったのかも、、なんて思ったり。偏見かもですが、そういう傾向にあるような。

    返信削除
  2. ゆかりさんこんにちは。ビデオあがったんですね!今度見ます。
    今日の記事、すごく共感しました。
    ゆかりさんも一番辛い、底の時期を抜けられたのですね・・。
    なんか人生って何年かずっともやもや辛い、という時期がある気がします。
    もしかして、それがわたしの運命?とかわたしの性格のせい?とか、
    わたしこういう行動をとっちゃうからだめなのか?とか、自分を責めてしまったり。
    でも、単純に、「人生のそういう期間」だった、ってことがあると思います。
    ゆかりさんのこれからが平和で楽しくありますように!
    わたしも国際結婚なので、ゆかりさんのアメリカ生活毎回楽しみにしています。

    返信削除
  3. こんにちは。
    しんどいところをぬけられたとのこと、良かったですね!
    わたしは一進一退を繰り返しており、終わりのないトンネルをドロドロと歩いている気分ですが、終わりがあることは分かっているので、その時を静かに待ちたいと思います。
    わたしも家事をしていると気分が晴れます。晴れた日に洗濯をしたり、手の混んだ料理を美味しいと言って食べてもらったり。
    寝起きでこれを書いているので、そろそろ活動を開始します。それでは、ブログ、動画楽しみにしています!!

    返信削除

人気の記事