11/22/2019

高級生食パンの味を自宅で再現するチャレンジ 2回目

先日に引き続き、自宅で高級生食パンのレシピを再現するチャレンジ中です。

今回は2回目!メープルシロップの代わりにきび砂糖を使ってみたのと、バターの量をほんの少し減らして、型に入れてオーブンで焼きました。



もうちょっと焼き色が薄くてもよかったかしら。うちのオーブン、小さい割に火力というか電力というかが強くて思っていたより早めに焼き色が付いちゃいました。



材料は一斤分で作って手持ちのローフパンでちょうどいいくらいでした。型の上までぐーっと発酵してふくらむので、なかなかお店のみたいに四角くなりませんね。

っていうかお店のは多分あれ、食パン用の型を使っていて蓋をして発酵させているんですよね。うーん、でもわざわざ食パン用の型を買うのもちょっとなー。

まあこれはこれで美味しそうだし、いいかな?



ちなみにはじっこがちょっと欠けているのはいじましくも焼きあがってすぐに我慢できずにはじっこをちぎって食べちゃったからなのですね。わたしは本当に食い意地が張っているなと思うよ、自分でも。

というか食い意地が張っているからこそ、こうして家でパンなんか焼いているんだけれどね・・・。


今回もこねるところと一時発酵まではブレッドマシンにやってもらいましたが、前回と変えたところは一時発酵が終わったら取り出して分割してベンチタイム→型に入れて二次発酵→オーブンで焼き上げたところです(前回は全部マシンで焼き上げまでやりました)。

肝心のお味の方は一回目より美味しかった!やっぱり焼き色が薄めの方が耳まで美味しくなるからいいのかな。しっかり二次発酵させたのもよかったのかも(マシンだと時間が来たらすぐに焼きに入っちゃうので)。


自分で言うのもなんだけど、家でこのパンが焼けたらもう外でパン買わなくていいやと思えるレベルのおいしさでした。耳まで美味しい、というかむしろ耳が美味しい!!みたいな。

要は油脂分を多くして水の代わりにミルクを使ってこねれば大体美味しくなるんだと思います。


日本にいたときにね、わたしお友達に誘われてABCのクッキングスクールへ行ってたんですよ。

お料理コースはぶっちゃけ、家で普通に一人暮らししてて普通に毎日ゴハンが作れていればあまり学ぶことがないレベルだったので途中解約して返金してもらったんだけど(あれは実家であんまりお母さんのお手伝いをしたことがないお嬢さん向けなんだと思う)、ついでに始めたパン教室の方が面白くなってしばらく割と真面目に通っていました。

こうして今でもパンを焼いたりしているところを見ると、あの時の授業料は長い目で見て価値があったのではないかと思います。人生無駄なことはひとつもないね、ホント。



↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事