11/03/2019

大事なものは毎日使ってこそ価値があると思う

我が家はオクラホマに転勤してくる直前の去年の10月まで、ハリケーン「マイケル」が直撃したメキシコビーチに住んでいました。

避難「勧告」じゃなくてガチで避難「命令」が出て、今すぐ避難しない人は知りませんからね!自己責任ですからね!とパトカーがメガホン持って近所を走り回り、すぐにバスで出発準備をして、近所のガソリンスタンドでガソリンをフルに入れて隣のアラバマ州まで避難したのでした。


うちは家がバスなもんで、こういう時に家ごと逃げられるのでよかったなと思うのですが、その後ニュースで被害の規模を見てかなりショックを受けました。

もう、家が土台ごと流されちゃってないんですよ。家財も何もあったもんじゃない。何も残ってない。あんなに美しかったリゾートの小さな町が全滅で。

その時に思いました。どんなに何かを大事にして持っていても流されちゃったら終わりだと。結局のところ、自分と家族の命が一番大切で、どんなに大事に持ち物を家にしまっといたって天災が来て持ってかれちゃったら意味がないんだな、って。


バスに移り住むにあたって、家具も家財もずいぶんとたくさん処分しました。売ったものもあるし寄付したものもあります。

結婚した当初、食器棚3つぶん持っていたヴィンテージ食器のコレクションは数をぐっと減らし、残したものは徹底的に毎日使うことにしたのです。


その前は、すてきな食器を大量にコレクションして、毎日使いもせずにうっとり眺めて、また箱や食器棚にしまったりしていました。だって、高かったんだもの!レアなんだもの!うっかり使って割れたら困るではないですか!

でもやめた。そもそもそんなにたくさん使い切れないし、大事にしまっといたって使わなかったらそれこそもったいない、というふうに考え方が変わってきたのです。

いろいろと処分したりあげたり売ったりする中で、たぶん自分の中で「もの」に対する執着が少しずつ剥がれ落ちていったのだと思います。


今では高いお皿もお気に入りのお皿もマグも、すべて毎日ガンガン使っています。ご存知の通り割ってしまうこともあるけど、大事にしまっておいたまま壊れるよりはいっぱい使った結果壊れたのであればよかったかな、と思うことに。

ま、でも割れないに越したことはないですよねー(;^_^A ガンガン使っているとはいえどれも大事に愛おしんで使ってますよー。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

1 件のコメント:

  1. おはようございます。そうですよね…
    先日、イタリア製の素敵な大皿をいただいたのですが、割ってしまうのが怖くて、使うのをためらっていましたが、使ってみようかな。
    そもそも二人家族なので出番はすか少ないもしれませんが。。。

    返信削除

人気の記事