11/16/2019

アメリカンってほんといい加減だよねという話(笑)

数日前にRVパークの電源部分が調子が悪くなり、オーナーに連絡して電気技師を呼んで直してもらったのですが、直ったー!と連絡を受けてよく見てみたらプラグを挿す部分が上下逆でした。

日本のプラグって2本で上下逆だろうがあんまり関係ない感じですが、アメリカのってグラウンド(日本語だとアースとかいうんだったと思います)分があってプラグが3本だったりします。50A(アンプ)用はなんと4本!

普通の家庭用のコンセントだとグラウンド部分が下にくるのですが、RV用はこれが上下逆になっているんですな。



↑こー言う感じね。

で、RV用の電線ってかなりの電気を通すので割とぶっといのですよ。なので、上下逆だとまず雨除けカバーにひっかかってプラグが挿せない。多分電気技師さんは家庭用のに慣れていてつい癖で上下逆(家庭用と同じ)にしちゃったんだろうと思いますが。


しょうがないのでまたオーナーに連絡して、その後電気技師が再び直しにきました。

でね、RVパークって場所にもよるけど30A(アンプ)か50Aつなげるようになっています。どちらか片方の場合もあれば、RVによってどっちでも大丈夫なように両方付いている場合もあるのですが、今停めているロットには両方付いているんです。


電気技師が帰ったのでさてと思いチェックしてみたところ、笑っちゃうことに50Aのプラグだけ上下をちゃんと直して30Aの方は上下逆のままでした(;^_^A

多分、オーナーに「50Aのプラグが上下逆さまだから直すように」と言われて、言われるままに50Aの方だけ上下逆に戻して帰っちゃったんでしょうね。


よく見たらコンセントのフェイス部分に何か文字が刻んであって(多分安全上の注意かなんか)それが見事に上下逆でもうね、笑っちゃいました。

たぶん、ちょっと注意を払って見たら「あれ?これなんで文字が上下逆なんだろう?」って思うはずなんですよ。

それにしてもこの電気技師さん、作業料として650ドル(日本円で6万5千円くらい?)請求したってオーナーから聞きました。それだけ取ってこのクオリティってどうよ?(;^_^A


一応またオーナーにはその旨連絡しておきましたが、電気技師の方が直しにくる予定は今のところなさそうです。我が家が使っているのは50Aのみなのでうちは別に困らないけれど、次に停める人が30Aだったらこれ、困るよねぇ。

思うに、全員がそうというわけではないですが(と一応言っておきます)アメリカンって全体的にあまり物事の細部に注意を払わない人が多いように見受けられます。


レジとかで何かミスがあっても「まあいいじゃん」とレジを打ち直すわけでもなく、そのまま商品を違う値段で通してあったりします(マジです)。文句?文句はカスタマーサービスに言ってくれと言われるので、レジの人が対応するわけじゃないから本人は気にしないみたいです。

こういうことはよくあるのでもう慣れたといえば慣れっこですが、あんまり慣れたくないといえば慣れたくはない・・・かな(笑)


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

1 件のコメント:

  1. こんばんは。
    イタリアンもいい加減です笑。水漏れまでは行かないですが、雨が降ると屋根に水が染みてくるので、引っ越してきてすぐにお願いしましたが、2年たった今、まだ直ってません。数カ月に一度連絡したりしていましたが、晴れたら直そうね、とか、すぐに修理依頼するよ、とか。
    今では、こんなものかな、とあきらめています。
    本当に慣れたくはないですが、慣れてきちゃいますよね…
    別件ですが、スクラブダディーが届きました!
    油物を洗ってもネトネトにならなくていいですね。お湯にひたして柔らかくなるときの感触がなんとも気持ちよくて、楽しんでいます。情報ありがとうございました!!

    返信削除

人気の記事