12/14/2019

義理の家族とお嫁さんのブルース

我が家は結婚して8年、来年の4月が来たら9年目に突入するのだけど、最近やっと義理の家族に対して「まあ家族やしな、しゃーないな」と思えるようになりました。

昔はね、いちいち怒ったり涙にくれてトイレにこもったりしていたのです(笑)

これまでそれなりにいろいろありまして(といっても何もない家族って多分いないですよね。もしいたらそれはとても幸運なことだと思います)しばらくは義理の家族から距離を置いておりました。


2年前に義父が亡くなり、今年義兄に子供が産まれ、久しぶりに(と言ったって毎年顔見てますよ・笑)恐る恐る会ってみたら甥っ子はやっぱり可愛いし、自分自身に子供ができなかったことや過去に言われたこと、すべてを含めて「なんかもうえっか、言うても家族やもんな」とふと思えるようになって。


あとね、少し前に夫がわたし抜きで実家に帰った時に家族に対して、なぜわたしが距離を置くようになったか、何に対して憤っているのか、をこんこんと説明してくれた(らしい)というのもあります。

夫は「一応説明はしたけど、わかってもらえたかどうか自信ないなぁ」と言っていましたが、久しぶりに義理の家族に会ったらなんとなく向こうが物を言う前に一旦考えようとしているのだな、という努力は伝わってきて(義父はそういうのなかったからな・・・)、なんかそのジェスチャーだけでもう十分やんな、って思ったのですよ。


今までだったら招かれても「ヴィーガンなんか何食べるかわからないから、自分で材料買ってきて自分で料理して!」と言われていたのが、「アーモンドミルクとか、お野菜とかいくつか買っておいたから今日は〇〇を作って食べよう!」という風に変わってきて、その気持ちが嬉しかったのです。


こないだ感謝祭で家族が集まり、夜早めにベッドに入って寝ようとしていたら義兄たちが深夜まですんげーでっかい声でしゃべっててね(笑)酔っぱらってるから、誰か先に寝てるかもとかそういうところに考えが及ばないのよねー。

前だったら「あぁ、うっさいなぁもう!」と怒っていたと思うんだけど、なんか今回は「まあご機嫌で何よりよね・・・」と思いながら寝ました。


よく考えてみたら自分自身の家族とだって何十年もやってきてそれなりにしがらみがあったりなかったりするのだから、義理の家族といきなり超仲良しで超にっこにこ!というのはハナから難しいもんです。

だから「義理の家族なんて大っ嫌い!盆正月も大っ嫌い!」というお嫁さんの気持ちもよくわかるし、しんどい相手からは距離を置いちゃっても全然いいと思います。お酒飲むと言うてはならんことを言う人はけっこういますからね!飲まなくても言う人もいるけどね!( ;∀;)


ただ、時はどんどんさらさら流れていくし、人は変わっていくし(自分も相手も)うまいことお互いにとってしんどくない距離でお付き合いできるようになったらいいなぁ。



↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事