1/31/2020

2020年1月 夫婦二人暮らしの家計簿

1月の家計簿を〆ました。


今年は生活レベルと満足度を落とさずにどこまでコストが削れるかの実験中です。

節約節約でギスギスするのではなく、それなりの満足度で暮らすにはどれくらいのコストがかかるのかを見つけていきたいと思います。


実は数日前に大型テレビとサウンドバー(スピーカー)を買いまして(この話は後日)、その分の費用がかかっていますが、今年に入って毎日映画を一日1本見ているので、夫と話し合って大型画面とスピーカーに投資することにしました。

毎日使って価値を見出せるものにお金を使うと満足度が上がりますね。


そんなわけでバス暮らし、夫婦2人とペット4匹の1月分の家計簿です。

【毎月の出費】

家賃 350ドル(電気、上下水道、ごみ処理代金込み)
食費 372.58ドル
外食費 30.46ドル
日用品 108.71ドル
通信費 61ドル
ガソリン 50ドル
ペット 27.24ドル(牧草代、毎日のお野菜は食費から出してます)
アルコール 38.69ドル

【特別出費】
インターネット解約料金 220ドル
バスの車両保険 125ドル(1年分)
ホットスポットルーター購入代金 103.45ドル
電化製品(テレビとスピーカー) 335.7ドル

合計 1822.83ドル

という感じでした。

※普段乗っている車の車両保険は半年に一度まとめて払っているので、毎月の予算には含めません。
※毎月自動積立している投資や退職金積み立てはここには含めていません。


食費は目標400ドル以内だったので予算内に収まりました。

というかむしろ余ってしまったので、その分で来月用に小麦粉や他のものを買い足しておきました。

おかげで?月末にも関わらず冷凍庫も冷蔵庫もいっぱいです。これで当分買い物に行かなくてもすみそう。


今年からジュースなどの飲み物を買わないというのと、家で作れるものはなるべく作るようにしているのでその分の予算が浮いたみたいです。

ひとつひとつの値段は3ドルから5ドルくらいでも、チリも積もれば差は大きいものですね。2月は350ドル以内に収まったりするかしら。


以前アパートや一軒家に住んでいた頃には毎月1200ドルから1500ドルくらいローンや家賃に払っていたことを思うと、生活コストがだいぶん小さくなってきたなと思います。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

1/30/2020

2月のバレットジャーナルと1月の振り返り

1月ももうすぐ終わりなので、来月2月分のバレットジャーナルの準備をしました。



表紙、年始に適当にマステに2020って書いたものを貼っていたのですが(笑)1ドルショップで木製の数字を買ってきて、家にあったペンで適当に色を塗ってボンドで貼りました。



2月の表紙はうちのデイジーとオリバーが雪だるまを作っているところにしてみました。



ちょっとオリバー(左)のおなかがぽちゃっとしていますが、まあいいか('◇')ゞ

イラストでは雪なんぞ降ってとても寒そうだけど、今年はびっくりするくらい暖冬ですよね。夏は年々暑くなるし、温暖化が本気で心配な今日この頃。



表紙以外は1月と同じ、非常にシンプルなつくりです。月間カレンダーと、ハビットトラッカー。

そういえば今年はうるう年なんですね。カレンダー書いていて気付きました。



出費ログのページ。1月はあまり買い物をしなかったのでこのページがガラガラでした(笑)

我が家では大根が一本いくらとか、歯磨き粉がいくらだったとかそういうレベルでの家計簿はつけていません。面倒すぎてまず続かないので。

大体「食品」」「日用品」「外食費」「ガソリン」など大雑把に出費が把握できればよしとしています。



1月のハビットトラッカーです。

習慣としたいことをできた日には色を塗っているので、マスが埋まっているほど達成率が高いという仕組み。

こうして見ると最近夜更かしが続いていて10時前に床につく日が減っています。次の日起きるのがきついので、もっと早く寝ないとですねー。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

1/29/2020

フードコートでよく見るアレが実は家でも作れたという話

今年は家で作れるものはレシピを調べて作ろう!というのが目標のひとつです。

調べて作ってみて「やっぱりこれやったら買った方が早いわ」とか「レシピの再現が難しかったわ」とかだったらまた買う方に戻したらええんです。

要はやってみるのが大事!


なんですが、やってみたら意外と普通に家にある材料で簡単に出来てびっくり!というものも割とたくさんあることに気付きました。

よく考えてみたら今普通にお店でパッケージされて売られているものだって、何十年前かには家庭で普通に一から作っていたものなんですよね。

買う、という便利さに流されて「家で作る」という発想がぽっかりと抜け落ちていたのだなぁと最近しみじみと思います。


さて今回はプレッツェルを家で作りました。



外出するとよくフードコートにこのプレッツェル屋さんが出ていて、夫が好きでよく買うんだけど常々これを高いなぁと思っていたのです。

プレッツェルひとつで3ドル以上しますからね。



今月ALDIで冷凍のプレッツェルを買って食べた後に勢いがついたらしい夫が「僕、プレッツェルが食べたい!」と言うので「そうやなー、ほな買い物メモに書いとくわ」と返事して、はっと「あれ?これ家で作れる系とちゃうん?」と。

そんなわけで作り方を調べてちゃちゃっと作りました。



こういうのって外で食べたり、買ってきて食べるものだと思っていたけどいざ作ってみたら全然難しくないんですね。

家で作れば安いし、焼き立てが食べられるし、トッピングやフレーバーも自分の好き放題なのでいい!焼く前にゆでるのが多少面倒ではありますが。


多分なんだけど、パン系のものは一通り家で作れるのではないかと最近思い始めています。



食パンも、ハンバーガーのバンズも今では全部家で焼くようになりました。ベジバーガーのパティもレシピを調べてあれこれ挑戦中です。

今までヴィーガンの加工食品を買って食べていた時は常々高いなぁと思っていたけれど、こうして家でなんでも作れるようになると本当に安上がりですね。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

1/28/2020

もう当分、服は買わなくてもいいかな。

年末にユニクロ半額セールで購入したラムウールのセーター、数回着るとこれくらい毛玉がびっしりと付きます。



オフホワイト、ピンク、ブルーの3色をローテーションしているので、3色ともまんべんなく毎日とっかえひっかえ着ると一週間か10日くらいで3枚とも毛玉だらけになるという仕組みです( ;∀;)


こうなると3枚ともまとめて毛玉取りに励むということになるわけ。




写真の右側半分が毛玉取りが終わった状態です。

毛玉取り器最高!!このあとさらにブラシをかけると「おっ、なかなかいいんじゃないですか」と思える状態に戻ります。


買った当初は着るたびに毛玉がワッサーと出るのにうんざりして「こんなお手入れに手間のかかる洋服はもう手放した方がいいのではないか」と思っていましたが、色が気に入っているし、あったかいし、たまにお手入れをすれば長く着られるのであればそれもいいかな・・・と最近考えるようになりました。

でも多分次はユニクロで買うことはないのではないかと思います。というか、当分洋服自体買わなくてもいいや。


去年、洋服を買わないチャレンジをやってみて半年くらいで挫折しました。

半年くらい経って中古で洋服を買い、ターゲットでセールになっているワンピを買い(これはすぐにダメになりました)、そのままずるずると反動のごとく買ってしまったというわけ。

去年後半に買った洋服で今めちゃくちゃ着ている洋服もたくさんあるけどねっ。


今年はなぜか物欲があまりなく、今あるものがダメになるまでは何も買わなくてもいいやーという気分なので、洋服を見に行くこともネットで買うこともなくという感じ。

去年みたいに「買ってはいけない!」と思ってしまうとストレスがたまるけど、どうしても欲しくなれば買えばいいし、そうじゃなければ何も買わなくていいやと思うと気が楽です。


不思議なことに、今ある洋服を手入れしていると愛着もわくし、着るものはあるから新しく買わなくてもいいやという気持ちになります、

あっでも見ると多分無駄に欲しくなるので、メールで届くセールのお知らせとかは開かずにそのまま削除していますよー。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

1/27/2020

出来ないと思っていたことができるようになると嬉しい。

我が家は普段ほぼ99パーセントくらいヴィーガン食を続けています。


なんで100パーではないかというと、最近はいただきものや出先で出てきたものに多少乳製品が入っていても「まあ、ええか」という感じで完全に拒絶しているわけではないからです。

前は割ときつく「〇〇は食べられないから!」みたいな感じだったのですが、お土産にいただいたチョコとかお菓子にミルクが入っていたりすることもあるし、あまり厳しいと出先で食べられるものがなく、自分たちだけ寂しくおなかをすかせることになるのでルールをゆるめました。

幸いアレルギーがあるわけではないし、そんな感じでゆるーくやってます。


最近アメリカではヴィーガン食品のバラエティが爆発的に増えました。

といっても、お肉やお魚みたいに大きな棚を占領しているわけではなくて、前だったらヴィーガンのアイテムがひとつふたつくらいしかなかったのが今ではそれ用の棚ができたくらいの進歩です。

今までは普通に市販のヴィーガン用のチキンナゲットやお魚のフライ(大豆でできている)を買ったりしてきたのですが、最近このパッケージのゴミを減らしたいなーと思うように。


で、試しに家でこのチキンナゲットを作ってみることにしました。



材料はお豆腐、オーツミルクを作った搾りかす(おからの代わり)、グルテンに調味料という感じ。



グルテンはこういうパッケージです。

パッケージの上部に「何があってもゆめゆめバッグの底を見てはなりませぬ」と書いてありますが、もちろんそう言われたら見ますよね。



「君は人の指示に従うのが嫌いなんだね、そういうのいいよー好きだよー」と底に書いてありました。アメリカ人のこういうユーモア、大好きです。



肝心のチキンナゲット、油で揚げるのではなくエアフライヤーで焼いたらぱふっとふくらんで、なんかハッシュパピーみたいな感じになりました。

ちゃうねーん、こういうんじゃなくてもっと肉っぽい食感のものにしたかってーん。

これはこれでそれなりに美味しかったですが。



同じ要領でチキンバーガーのパテも作りました。


ただ、この手のものは衣をつけるのがほんとーにめんどくさい!(笑)

小麦粉を付けて、フラックスシードを水で溶いたものを卵代わりにして付けて、最後にパン粉を付けます。


パン粉も家で焼いたパンを手でごりごりとグレーダーで削って作ったので余計に面倒だったのかも。

パン粉なんか買ってきたら早いんですけど(安いし)、今年は自分縛りで「自分ちでまかなえるものはなんとかして自分で作る」のを目標としているのでごりごりと削りました。



最後に同じ「チキン」で胸肉もどきを。これが食感的には一番チキンに近かったです。

今回はとりあえず本に載っているレシピに忠実に(おからは代用したけど)作りましたが、もうちょっとチキンっぽい食感に近づけたいので次回はちょっとレシピをアレンジしてみる予定。


でもこういう、買うしかないと思っていたアイテムがそれなりに家で作れるようになるとすごく嬉しいです。

というのも、今まで地理的に恵まれていてこういうヴィーガン食品を売っているお店が普通に近くにあったのが、今は夫の仕事の関係で超田舎に住んでいるのでなかなか手に入りにくくなって。

たまに都会に出てはここぞとばかりに大金を費やしてあれやこれやと買い込んで帰ってきていましたが、家で普通に作れるようになればお金も浮きます。


なんとなく、最近「どこに今後引っ越してもこういうのを普通に家で作って食べられるようにしていきたいな」と思うようになりました。

今年は楽しみながらあれこれ新しいレシピが習得できるようにがんばりまーす。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

1/26/2020

やっぱりゲストが来ると部屋が片付きますね。

週末にゲストがバスを見に来てくださったので、その前にけっこう真面目にお掃除をしました(笑)



↑バスのキッチンです。

普段から掃除はしているのですが、細かいところはたまにしか掃除しなかったりするのでお客様が来る!と他人目線で見るとちょっとしたところの埃が気になったりして。

あちこち動かして拭き掃除をしたり、出しっぱなしになっているものを片付けたりしました。


別にお客さんは遊びに来たからといって「あっこんなところに埃が積もっている!」とかそういう目線では多分見ないと思うのですけど(もしそう思ったとしても多分言わない)、でもそういう空気みたいなものってなんとなく伝わるのではないかと思うわけで。

ちゃんと細かいところまでお掃除が行き届いていると、部屋の空気もよどみなくすっきりさっぱりするのではないかな。



バス前方から全体を見たところ。キッチンのカーテンの向こうにはクローゼット、バスルーム、シャワーなどがあります。

前方右側に見えているカウチは夜はベッドになります。


片付いた部屋を見て、夫とふたりで「いつもこの状態なら言うことないのにね・・・もっと普段からお客さん呼ぼうか」と顔を見合わせて言いましたとさ(笑)


出したものをその都度ちゃんと元の場所にしまえば片付くのは頭ではわかっているのに、なんで出しっぱなしにしちゃうんでしょうね?すぐにまた使うから?

食器や調理家電の類は引き出しの中に定位置があるけど、その他の雑多なものを一度使ったら出しっぱなしというのをやめないとですねー。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

1/25/2020

今日使わなかった1ドルは将来的に21倍になる可能性を秘めている。

最近YouTubeではまって見ているのがGraham Stephanさんのチャンネルです。



上記のビデオは「僕の人生を変えた6つの投資習慣について」という内容。

英語なのでかいつまんで内容を説明すると

1.今すぐ投資を始めること
2.投資のタイミングを計ろうとしないこと
3.自分が理解できないものには投資しないこと
4.近日中に必要になるかもしれない資金では投資しないこと
5.継続的に投資を続けること
6.自分の頭を使って考えること

という感じです。


この1.で触れられていますが、20歳の時に月100ドルを8パーセントの利率で投資した場合と、25歳で同じ月100ドルを同じ8パーセントで投資した場合とを比べると、65歳になった時点での最終合計金額になんと1770万円程度の開きが出るとのこと。

月100ドル×12か月×5年で、投入した元本には6000ドルしか差がないのにも関わらず、複利が複利を呼び6000ドル&5年の差がなんとそこまで広がるというのが恐ろしい!


このビデオの中で彼は「今目の前にある1ドルが、将来的に21ドルになるって思ったらしょーもないものを買ってお金を無駄にしたくないって思うだろ?だから僕は、何か買いたいと思ったらその値段の21倍払ってでもどうしても手にいれたいかって自問することにしてるよ!」と言っていて、わたしはその価値観にがーん!と頭を殴られたようでした。


ちなみに彼はその話ではスタバのドリンクを例に出していて、ドリンク代は4ドルだけど21倍として考えると84ドルなんですよね。

目先の400円くらいだったらいいかなぁと思っても、実際にそれが8400円になる可能性を秘めていると思うと「うーん、やっぱ家帰ってコーヒー淹れて飲もっと」ってちょっと思いますよ(笑)

だって家で飲めば10円とかだもの。


と同時に、これくらいの考え方が出来ないと29歳で6億円(!)の資産は築けないのねと思いました。

若くしてリタイアしている人を見ると皆、かなり倹約して積極的に投資に回して資産を築いているようです。

彼のビデオは他にもお金を節約する方法や投資の考え方などをわかりやすく、親しみやすく教えてくれているのでとてもお勧めです。興味がありましたら是非!


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

1/24/2020

無買デーを増やしたら食費が予算内に収まるようになりました!

今月の初めに立てた目標のひとつが「無買デーを10日以上作る」だったのですが、蓋を開けてみたら今日これを書いている時点(23日)でなんと無買デーが16日もありました。

今月は残り8日なので、仮に残り毎日買い物をしたとしても(しないけど)月の半分以上無買ってことになります。


しかもしかも!!

それだけ買い物に行かなかったら冷蔵庫は空っぽかと思いきや、昨日食材の買い物に行って今冷蔵庫も冷凍庫もみっちりなので、多分今月は残りあと1回か2回お買い物に行くだけですみそう。

我が家にはウサギがいるので、どうしてもウサギ用のお野菜を買いに行かないといけませんからね。


肝心の食費も月の予算400ドルに対し、今のところ320ドルくらい。
なんでかな?と思ったら、そういえば今月はほとんどお菓子買ってません。

去年の年末からカロリーのある飲み物を断っているので、ジュースやチョコレートミルクを買うのをやめたのも食費削減にささやかながら貢献しているかも。


今までなんとなく買っていたジュースを飲まなくなったら甘いものがあまり欲しくなくなったのか、お菓子を食べる量が減りました。

もちろん先月買ったものが少し残っているのでたまにそれを食べたりはしていますが、最近は新しくお菓子を買ってない!

家にある小麦粉とかチョコチップを消費したいので、どうしても甘いものが食べたいなと思ったら家で作ろうと思ってますが。


あと、パンやバター、チーズやソースの類を家で作り始めたのも大きいかもしれません。ヴィーガン用のチーズとかお店でしょっちゅう買ってたら高いし。

買うのをやめたアイテムは1点あたりにすれば3ドルとか5ドルくらいだけど、こういうのって積み重なると全然違ってくるもんですね。


でも、なんかめっちゃ節約してる!って感じでもないし、必要なものは普通に買ってて予算内におさまっているので、やっぱり買い物に行かないのが一番の節約というのは本当かもしれません。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

1/23/2020

〇〇フリー食、やってみたけど好きになれなかったもの。

夫がピザが食べたいというので、家で生地からピザを作りました。



昔生地から作ってた時期もあったのですが、最近は面倒で市販のやつを買ったりしてました。でも高いし、ヴィーガン用のは大体なぜか生地がグルテンフリー。

※そもそも我が家は超田舎なので選択肢自体が少ないのです。


グルテンフリー、いいじゃん!と言われそうだけど、わたしはどうもグルテンフリーの生地が好きではないんですよねー。小麦のふんわりもっちり感がないというか。

グルテンフリーのパンもお菓子もパスタも、買ったり作ったりして試してはみたのですが・・・。まあこれは好みの問題もあるかもですね。

お肉を食べないのと一緒で、小麦もやめたらやめたで味覚が変わるのかもしれません。


基本ヴィーガン食なのでお肉、お魚、乳製品は摂らないし、あと残っているものと言えば小麦とお砂糖くらい。

お砂糖は減らしたいなと思っていますが、今のところは小麦は無理に減らさなくてもいいかな。


今回はチーズも家でカシューナッツを使って作りました。

トッピングはトマトソース、マッシュルーム、アスパラガス、ほうれん草にヴィーガン用のベーコン(これは市販のもの)です。



今回試したチーズのレシピはオーブンに入れたらこんがり焦げ目がついてなかなかいい感じでした(食べかけでスイマセン)。しかもちゃんと溶けます。

今度このチーズをのっけてラザニアを焼いてみようかな。


それにしても家でこの手のものを作るようになってからフープロとブレンダーめっちゃ毎日使ってます。

インターネットでレシピをシェアしてくださる先達の皆さまにも感謝感謝です☺


そろそろYouTubeのビデオを再開したいなと思いつつ、毎日なんかご飯を作って食べていると一日終わってしまう今日この頃。

あ、ご飯を作るところをビデオにしたらいいのかしらね?


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

1/22/2020

おうちで作れば安心&美味しい。

皆さま、辛いものはお好きですか?

我が家はキムチの消費量が割と多いので白菜をひと玉買ってきて家でキムチを作っています。



仕込んで常温で数日置いて、発酵してきたら冷蔵庫に入れて保管します。


我が家でいわゆるぬか漬けとかお漬物の位置にあるのがこのキムチ。食事の際に添えるもよし、キムチ鍋にしたり、ラーメンに入れたりと割とたくさん食べるんですよー。

お店でもキムチを買うことができる(しかもヴィーガンのが売ってる)のですが、この写真の瓶の半分くらいのサイズのが4ドルとか5ドルで売っているので我が家の消費ペースでは高くついちゃって。


昔にYouTubeで作り方のビデオを見て何回か作って、自分ちのレシピ用に改良してそれから同じレシピでもう何年も作ってます。

辛いもの好きな我が家用のレシピで作っているので、もしかしたら辛いものが苦手な方が食べたらびっくりするくらい辛くなってしまっているかもしれません(笑)


今年の冬はまっているのが豆乳味噌スープにキムチを大量に投入して麺を入れて食べるというもの。身体がとってもあったまります。

この手の食べ物は市販のものを買うと添加物や保存料が入っていたり、お塩の量が多かったりするので家で作ると安心。味も好みの辛さに調整できますしね。


今年は家で作れるものは家で作ろう!がモットー。少しずつではありますが、市販のものに頼っていたものを手作りのものに切り替えていけたらいいなと思います。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

1/21/2020

ミニマリストの休日 お金を使わなくてもお出かけは楽しい

今週末はマーティン・ルーサー・キング・ジュニアデーで月曜日がお休み。

月曜の今日はお天気がよかったので、足を伸ばして州立公園まで行ってきました。





1936年頃からこの場所で毎年イースター(復活祭)の宗教劇を開催しているらしく、この場所は映画の舞台にもなったそうです。





この教会の壁や天井に描かれた手書きの絵がすごく好きで、ここにしばらく座って絵をじっと見ていました。

バチカンやノートルダムなどの大きくて有名な教会は大きいし絢爛豪華ですが、わたしは個人的にはこういうこじんまりとした教会にいる方がほっとします。


将来こういう小さい教会か図書館、学校などのもう使われていない建物を買い取って住むのも面白そうだなぁ。

天井の天使の絵を眺めながら眠りにつくとか最高じゃないですか?





ハイキングのルートで見えた湖。





今は希少動物になってしまったバッファローにも会えたよ!


州立公園までのガソリン代はかかるけど、入場料もかからないし、ハイキングは楽しかったし、外の美味しい空気を満喫することができたとてもよい休日となりました。

最近は図書館でマンガや映画のDVDを借りたりして、無料の娯楽を満喫するのにはまっています。

お金をたくさんかけて楽しむのは簡単ですが、こうしてささやかに楽しめることを見つけて満喫するのもなかなかいいものですねー。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

人気の記事