4/13/2020

アメリカのスーパーから一時的にお肉が消えるかもしれない?

アメリカの畜産工場で従業員が新型肺炎を発症し、工場の一時閉鎖が相次いでいるそうです。


まず最初に鶏肉大手のTysonが、続いて豚肉大手のSmith Fieldが工場を一部閉鎖しました。

ということは、地域にもよりますが一時的にお肉がお店に並ばなくなる可能性があるということですね。


数週間前に買い占めが起こった時にもお肉が棚から消えましたが、物理的にお肉の供給が途絶えて近いうちにお店から商品自体がなくなるということもありそうです。

我が家はお肉もお魚も食べないので困らないけど・・・。


ただ、買い占めが起きた時に普段だったら買わない層がヴィーガン用の商品を買ったり、グルテンフリー製品を買ったりして特別食の食材が売り切れてしまい困っている人がいる、というのは割と目にしました。


実は少し前にここから15分くらい行った小さな町(というか村?なんせ町に一軒個人経営の小さなスーパーがあるのみ)で、教会へ行った人たちから感染者や死者が出て

それ以来怖くてウォルマートをなるべく避けているので正直今どんな感じなのか見当もつきません。

(;´Д`)


アメリカではそろそろ感染者のカーブが落ち着いてきたのでは?と言われていることもあり、もう少ししたらこの外出禁止令が少し緩くなるかもしれないとは言われています。

もうしばらくは家にある食材でしのいで、買い物に行かずにすませたいなと思います。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事