4/16/2020

貯金がない・・・ってなんで?

こないだアメリカで給付金が出たという話をYouTubeでしたら、

日本はマスク2枚だよ!仕事を失って貯金もない人もいるっていうのにね、というコメントがありました(その後一律10万円給付案が出ているらしいですね)。


貯金がないって・・・なんで?

と思い調べてみたら、30代40代でも貯金がゼロの人が23パーセント、貯金が100万円以下の家庭は6割という記事をみつけてびっくり(ソースはここです)。


わたしは自分自身が就職氷河期に就職して、2008年のリーマンショックの時には会社がつぶれて仕事がなくなったクチなので、

今正社員の仕事の口が少ないとか、フリーターで働くのが大変とかいうのはわかる気がするんですが、なんでこんなに貯金していない人が多いんだろう?


アメリカでは借金して大学に行き、車を買い家を買い、同じく貯金がまったくないどころか今回の給付金が出てもすぐに借金の肩に持っていかれる・・・

という人がけっこういるんですが、勝手に日本人はもうちょっと真面目に貯金をしているのかと思っていました。


わたしは大学生の時からバイトをして一人暮らしの家賃から食費、光熱費、大学の学費など全部自分で働いて賄ったので、お金をどう配分してどう残していくか、というスキルはひとり暮らしを通じて培ったように思います。


たとえば仕事を自己都合で辞めた場合には失業給付をもらうまでに3カ月待機期間があるので、少なくとも3カ月働かなくても大丈夫なだけの貯金はいつも手元においておこうとか、

引っ越しをするなら敷金礼金もかかるし、引っ越し費用もかかるしいろいろ物入りだから貯金しとこう、とかそういうことです。

お金がない時にはないなりに、ある時にもそれなりに。


家でごはんを作って食べて、毎月いくらかは必ず貯金して、つつましく生活すればそれなりにお金を貯めることはできそうなのですが

でもそれが出来ないから、貯金がゼロなんだろうなぁ。


わたしにとっては貯金はお守りのようなものです。
世の中お金が全てではないけど、お金があれば解決することは実はけっこうたくさんあるから。

お金があれば家賃も払えるし、電気水道も止まらないし、食べるものにも困らない。病院にもかかれるし、嫌な仕事も辞めたければ辞めるという選択肢も持てる。


とりあえず、今すぐ仕事がなくなっても当分食べていけるだけの貯えは何があっても大事だと思います。

いつでも国がすぐに助けてくれるわけではないですからね。
自分の身は自分で守る!


↓ビデオ更新しました↓




↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

8 件のコメント:

  1. 日本全国に緊急事態宣言が出されました。

    備蓄しておいたらよいもの、食の仕方などスッゴいためになりました!!
    ありがとうございます。

    返信削除
  2. ニートに言われても…

    返信削除
  3. 分かりませんか?
    それぞれ色々な事情があるんですよ、人生のスタート地点から違う人もいるし
    あなたには想像できないかもしれませんが、仕事や介護で自炊する時間もない分かっていても、貯金したくてもその日の生活だけでキチキチの人もいるんです。
    あなたがどういう人生設計や考えをお持ちでもそれはもちろん自由ですが、
    不特定多数の人に発信するお考えとしては、今回の発言はいくらなんでも
    浅はかで想像力が欠如しすぎです。


    返信削除
    返信
    1. 本当に経済的にも時間的にも余裕のない方は生活に手いっぱいで、わざわざこんな弱小ブログを徘徊してコメントを残したりするお暇はないはずだと思いますがどうでしょうか。こうしてコメントを残していかれる時点であなたも相当に恵まれているのではないですか?

      だとしたら、あなたが「いろいろな」事情を抱えた方を代表して意見する理由はなんですか?正義感でしょうか?

      削除
    2. ブログを見る時間があるのは恵まれているとするなら恵まれているのでしょう。お金はないですが。。どうしてそう極端に黒か白かで判断するのでしょう、経済的金銭的余裕がなくても休憩くらいはしますよ
      あなたの意見に対して私の意見を述べたのですが、正義感、とはちょっと違う気がします。ちょっと隙間が空いた時、あなたのブログ楽しく拝見していました。今回のブログの「なんで貯金しないの、私だってこうしてきたのに云々」は、みんながみんなそうじゃないじゃん、いろんな事情があるし考えが浅いんじゃないのって思ったんです。
      ちょっと残念でした。
      要は読者の違う意見は全て批判と捉え、共感してくれる人しか受け付けないようですね。

      削除
    3. うーん、確かに・・・そんな余裕ないよという意見があるのもわかります。
      でも皆余裕がないと言いつつスマホ持ってますよね。コンビニ行ってますよね。生活に工夫をすることで、毎月ぎりぎりまでお金を使い切らなくても少しずつでも残して貯めていくことはできるのではないでしょうか。
      少し前に手取り14万円終わってるというのにホリエモンが反論してましたが、現状が厳しいならそれを打破する方法を探る・・・というオプションがあってもいいのではないかなと思います。

      削除
    4. スマホが必要な人、例えば働きながら老々介護でいつでも緊急時に連絡が取れるようにしなければならない人、仕事で使う人もいます。早朝に家を出て深夜に帰宅する毎日の人はスーパーなんて行けないし自炊する元気もないですよ、コンビニで済ますのが精一杯。
      要は何が必要か無駄かは人によって違ってきます。死なない程度に食べていくだけでなんとか生活している人、負のスパイラルから抜け出せない人
      皆が皆強く賢く健康に立ち回れる訳ではないのです。
      一流企業に勤めていたのに親の介護で辞めざるを得ず貯金を切り崩し
      やっと介護が終わった頃には自分も高齢で再就職出来ず貧困に陥る人達も珍しなく、日本では深刻な問題になっています。
      人様の懐事情、そしてその理由は他人がどうのこうの言えないと
      いうことです。あなたが今まで勉強したり、仕事して節約して貯金したりしてきたことは否定しません。それがあなたの生き方ですから。
      今回は、貯金しない人出来ない人の背景をおもんばかることなく自分の価値観や経験だけで否定してしまっていることに、それは違うんじゃない?世間を知らなすぎるんじゃない?と思ったのです。

      削除
  4. 自分のブログで言いたいことを発信して何が悪いの?
    匿名で。人の家に土足で踏み入るようなことをする人のほうが、どうかと思いますけど。

    私はこの記事に賛同します。
    もちろん、世の中には色んな事情の方もいらっしゃるでしょうが、
    ただ深く考えず、「みんながこうだから大丈夫」の基準で散財してる方は多数いらっしゃると思います。私の極々身近な周囲でも。
    自分軸をもって、必要なこと、ものを考えてお金を使う、保つ。
    そういうことが大切だよね、と仰ってるんですよね。

    世の中の見通しが立ちにくくなりつつある今、あれば安心なお金というものの考え方も難しくなりつつありますが、
    どうしたら自分が、家族が、友人知人が、
    安心で楽しく過ごしていけるか。
    よくよく考えながら過ごそうと改めて感じさせていただきました。
    ありがとうございます^^

    返信削除

人気の記事