5/13/2020

一日一食を始めて感じたこと

最近、一日一食生活を始めたんですよ。


朝はコーヒーかお水だけで、お昼ごろにフルーツの寒天寄せを食べて、小腹がすいたらナッツなどをつまみ、夜ご飯は好きなものを好きなだけ食べるという感じです。

お昼のフルーツ寒天寄せを食事としてカウントすると1.5食、という感じなのかもしれませんが。


しかも夜は好きなものを好きなだけ・・・と思っていたら、思ったよりも量を食べられなくなっていることに気が付いてしまいました。胃の大きさには限界があるんですね。


半日断食で朝食を抜いていた時でも、お昼を食べた後にしばらくするとおなかがすいておやつが食べたーい!と思っていたのに、逆に昼を軽くするとそういうのがあまりないことにもびっくり。

要はあれだ、がっつりと食事をとらなければ血糖値がばばーんと上がることもないし、上がらなければばばーんと下がりもしない(安定している)

・・・ので空腹でめまいがしたりしないってことなのかな。


お昼ごはんを何にするか考えたり、作ったり、後片付けをしたりという手間がないのも楽だし、お昼食べたあと眠くなって昼寝しちゃうこともないし

その分食材の減りも遅いし(一食作るぶんがまるまるなくなったんだからそりゃそうか)そういう点では割と便利なもんだなと。


ただ、わたし元々割と水分補給は多い方だと思うんですけど、以前にも増してお手洗いに立つ回数が増えました。

もしかして水はけがよくなっているのか?
そういえばむくみが減ったような気もします。

今のところ体調は割といいので、このまましばらく続けてみようかな。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

1 件のコメント:

  1. 私はかれこれ2年近く、朝抜き一日二食の生活をしています。当初は1.5食だったのですが、いろいろあって2食になってしまいました。でも将来は1.5食にもどしたいです。そのほうが調子良かったので。
    私はもう五十ちかいので、そんなにカロリーが必要がないですし、ガッツリ3食食べたい食欲もありません。毎日朝に30分ほど運動しますが朝抜きでふらふらになることはないです。
    二食の利点はかなりありますが、時間の節約と精神的な余裕が私にとっては一番大きいですね。といっても、うちの場合は娘と夫はしっかり朝食を食べるんで、作る時間や片付けの時間の節約はあまりないのですけど。
    自分は1日2食で普通に活動的に暮らせる、なんなら1食でも大丈夫。と、考えることができると、万が一食べる物がなくても、食べる時間がなくても冷静でいられます。

    返信削除

人気の記事