5/16/2020

ヘルシーに暮らそうと思うとお金がかかるというジレンマ

2週間ほど前から一日一食(というか1.5食に近いですが)生活をしています。


朝は抜き(コーヒーは飲む)、昼はフルーツの寒天寄せを食べ、午後におなかがすいたなと思ったらおやつにナッツを少しつまんだりするのですが

こないだナッツを買おうと思ってスーパーに行った時に思いました。
ナッツって、量の割にたっかいよなぁ!!!と(ピーナツは安いけどね)。


近所のウォルマートだとナッツはポテトチップスとかクラッカーと同じ列に陳列されているのだけど、

アメリカだと3ドルとか4ドル出すと枕なのかと見まごうようなでかい袋に入ったポテトチップスのファミリーサイズのものが買えるのです。

対するナッツは、ちまっとした小さな袋に入ったものが4ドルほど。そんなんじゃすぐなくなるし、大きいバッグのを買おうと思ったら、10ドル、15ドルくらいする。


正直、単にしょっぱいおやつが食べたいだけならポテチを買った方がずっと安いし量も多いです。おなかもふくれるし。カロリーもすっごいけど。

あーそういうことかーと思いました。


前に貧困家庭の食について触れているドキュメンタリーを見たことがあって、健康な食生活をしたいけど野菜や果物は高いから、それならファストフードで1ドルメニューを買った方が安いしおなかがふくれる、という内容でした。

そうしてどんどんと肥満になり、病気になるけどお金がないから医療費が払えない(アメリカの医療保険は高い)、つらい・・・という感じで。


ただ、本当に収入に限界があるのであればアメリカにはそういう人のためにフードスタンプとか、WICとかいろいろシステムがあるんだけど(フードスタンプの支払額はぶっちゃけ我が家の毎月の食費より多い・・・)

皆がみな福祉のお世話になりたいわけではないだろうしね。


それは置いといても、健康な食生活をしようと思ったらお金が余計にかかるんだなと思ったわけです。

なるほど、ウォルマートで見る客層とホールフーズで見る客層の体型に違いがみられるのはこういうことなのね・・・。

日本では収入の差が体型に現れる、ということはあまりないように思うので(むしろ富裕層の方がふっくらしているような?)、これはアメリカだからなのかもしれませんね。


と、買ってきたナッツをかみしめながら食べられることに感謝したのでした。いやでもやっぱりナッツは高いよね、美味しいけどさ。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

3 件のコメント:

  1. うんうん、ダイエットでもきちんとした食生活、食べる内容考えたらお金幾らあっても足りませんよ!私はとうの昔に思い知りました��因みにビーガンも考えた事があるんだけど、これまたお金かかる~って…やめました(笑)今は作れそうな物だけ取り入れてます。日本では物が少なく高いからビーガンの人は大変かもしれないですよね~。でも、ゆかりさんちはご夫婦一緒に始めたの?続ける覚悟ですよね~感心する��

    返信削除
  2. 私はアメリカはナッツ特にアーモンドは安いのかと思っていました。おんなじなんですね。それと日本でも安いパンとかは、袋のパッケージの裏みたら、よくこんだけいろんな添加物入れれるなあと思うくらい原材料の項目が長いですよね。家で作ってみたり、高い店のケーキとかみると本当に材料はシンプルです。良いものを高くても取り入れるほうが、長いスパンでみると良いと思うのですが、みんなができるわけでもないから、少しでも皆に行き渡るようになればいいですね。有機野菜も良いのはわかっているけど、高いので全部というのは難しかったり。でも出来る範囲で質の良いものを取り入れたいですね。

    返信削除
  3. わっo(^o^)oお返事貰えて嬉し~い♪ゆかりさん、こんにちわ(^o^)ここ最近ずーっと見てますよ~~旦那様との仲良し振りも羨ましいし、外国にいるのも羨ましいし、何から何まで自分には果たせないことだから羨ましすぎ~~(^o^;)アハハ興奮しちゃったぁ(笑)ゆかりさんはパンも上手に焼いたり、ほんと何でもそつなくこなせて、私すこーしお姉さんなんだけど(; ̄ー ̄A見習うこと一杯です!これからものんびりでいいので楽しく続けてくださいね(*ゝω・*)あっ、またお二人の楽しいダンス見せてねd=(^o^)=b内容が噛み合ってなくてごめんね、嬉しすぎて☆

    返信削除

人気の記事