8/20/2020

我が家がアーリーリタイアしたいと思った理由とは。

昨日に引き続き、アーリーリタイアメントの話です。


そもそも、65歳を過ぎても働いている人も多い最近の世の中で、どうして我が家が早めにリタイアしたいかと思ったかという理由ですが

それは、うちの父親は57歳で、夫の父親は62歳でそれぞれ亡くなっているからなのですね。


特にうちの父親が57歳という若さでこの世を去った時のインパクトはものすごかったです。いろいろと。

その直後に義父のガンが発覚したこともあり、我が家ではヴィーガン食に徐々に切り替えていったわけですがこの話はまた別の話なので置いとくとして。


父はものすごく真面目に仕事をして、あんなに家族のために頑張って働いたのに、自分のために老後のんびりと楽しむ、というステージにまでたどり着けなかったんですよね。


それは義父もそうで、65になる前に亡くなったので年金ももらえず、仕事を辞めてもすぐに治療生活で、家でのんびり過ごす時間もあまりなかった。


そんなのは嫌だ!
まだ元気で体力があるうちに、リタイアして人生を楽しみたい!

だから、夫とふたりでずいぶん長い時間をかけて、どういう人生を歩みたいかについて話し合いをしました。


できれば健康で、60になっても70になっても足腰がしっかりしていて、痛みもなく、病気もなく、やりたいことができる状態でいられること。

そして、仕事を最短で辞めてあとの人生はふたりの時間を楽しめること。


そのためには足腰しっかりしたおじいちゃんおばあちゃんになりたいと思い、ある程度面倒でもそれなりに毎日身体を動かして、今から出来ることをするようにしています。

年を取っても、お金がないがために働きに出ないといけないのは体力的にもきついかもしれないから、ある程度お金の心配をしなくてもいい状態にもしておきたい。


長期視点で見て「こうなっていたい」というゴールに向けて、今できることをやっているという感じです。

それだけ努力しても、やっぱり病気になっちゃったらもう遺伝だと思ってあきらめるしかないのかもしれませんが(;^_^A


でも早いとこリタイアしておけば、もし父や義父の亡くなった年齢でこの世を去ることになっても、少なくともそれなりに「老後」は楽しめたからいいかなと思えるんじゃないかな。

先のことはわかりませんからね、早めにお迎えが来るシナリオと、100歳まで生きられるシナリオを両方用意して、どちらにも対応できるように準備できたらいいなと思います。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

3 件のコメント:

  1. ハワセ きのこ農家2020/08/20 6:05:00

    早期リタイアしたら日本に住みますか?軽井沢大歓迎

    返信削除
  2. ゆかりさん こんにちは!

    「仕事を最短で辞めてあとの人生はふたりの時間を楽しめる」このような発想は私には、なかったですね~

    まず、ふたりの時間が要らないなぁ~

    幸い65歳の夫はまだ現役で働いているので、お金はあるが自由な時間は少ないので、この状況がなるべく続いて欲しいと思っています。

    我が家のふたりの時間は、ご飯を食べるときと、たまにバードウオッチングに行くときぐらいです。
    どうして結婚したのか?と馬鹿な自問自答するぐらい、趣味嗜好、価値観があいませんが、それでも結婚して39年経ちました。仲が悪いわけでもないけれど、リタイアしたら、毎日買い物にもついてこられたりして、かなり窮屈に感じると思います。

    そう思うと、ゆかりさんはふたりの時間を楽しみたいと思える伴侶を得たという事で、とても素晴らしいことだと思います。

    そして、老後に備えて、健康とお金を準備することは大事ですね。







    返信削除
  3. お父様お若かったんですね。
    さぞかし悲しく大変だったことでしょう。
    確かに、リタイアしたら二人でいろんな場所を旅行しようと思ってたのに、どちらかが亡くなったり、大病されたりというご夫婦いらっしゃいますね。

    返信削除

人気の記事