9/11/2020

買って1年の洗濯槽をオキシクリーンで漬け置きしてみたら。

YouTubeでおそうじ関係のビデオを見ていて、洗濯槽をオキシ漬けしたらすっごい汚れが浮いてきてうわぁー・・・

という感じだったので我が家でもやってみたんですよ。


ちなみに我が家ではマグネシウムとセスキを使って洗濯していて、柔軟剤は使ってません。が、最近は汚れ落ちがいまいちなような気がして洗剤を少し足したりしています。


一応ネットで調べておすすめの量をちゃんと投入し、温度も50度くらいのお湯を溜めて、いざ漬け置き&洗濯槽のお掃除を!!

と、指示に従ってちゃんと4時間くらい漬け置きしてみたんですけど、


ビデオで見たようなうっひゃぁーーーきったねーーーピロピロ真っ黒みたいなのを期待していたにも関わらず、


あれ?ちょっと水が茶色いかな?


くらいの汚れしか出ませんでした(;^_^A


おかしいなーこれちゃんと効いてるのかなー。

と思いつつ、排水してふと洗濯機の糸くずキャッチャーを見てみたら!!!


なんとそこにごっそりと石灰化したカルシウムの粒粒が溜まっておりました(;・∀・)

糸くずキャッチャーはちゃんと漬け置き前に一度空にしてあったので、これはまぎれもなく漬け置きをした結果はがれてきたもの・・・。


要は、アメリカの水は日本のに比べて硬いからカルシウム分が多くて、それが溜まって洗濯槽裏にびっしりと付いていたのではないかと思われる!!!

ぎゃぼーーーーーん。


よく考えたらこちらでは、市販の洗剤には水を柔らかくするwater softenerという成分が入っていたりするし、地域によっては水道の水を処理するのにsoftenerを使ったりするらしいです。

水、硬いんだね。


そうかー、多湿の日本ではカビ問題を気にするけど、こっちではミネラルが溜まってんだなーと思ってちょっと笑ってしまいました。

所変われば品変わる(ちょっと違う?)。


とりあえずオキシクリーンは何かしらの効用があったらしいのでまあよかったです。
その後何度かにわたってカルシウムの粉は糸くずキャッチャーに溜まっておりました。



でもよく考えたら我が家では柔軟剤を使わないのと、マグネシウムを使って洗濯しているのでそれもあってピロピロの汚いやつが出てこなかったのかもしれませんね。

普段はほんとにこれ役に立ってんのかなーと思いながら(ごめんよ)マグネシウムを使ったりしていましたが、意外と洗濯槽をキレイに保つ役割を果たしているのかもしれないなーと思いました(*'ω'*)



↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事