9/20/2020

アメリカに十年暮らして思う、日本人の失礼なところ。

今日はけっこう前から思っていたことを書きます。

顔を出してゆーちゅーぶなんぞをやっていると、久しぶりにビデオを出すと絶対にひとりやふたり「太りましたね」というコメントを残していく人がいるんですね。


うん、確かに太ったのは認めよう!否定はしないさ!


自分でもおなかぽこーんて出ちゃってやばいって思っているものね。

やばいなと思って今日走りに行ってみたさ!(;´Д`)
そんで体力落ちたなーって思ったさ!!


それは今はとりあえずいい、いいとして、なんで日本では他人の容姿について軽々とコメントするのが許されると思っているんだろう?と。


アメリカに十年住んでわかったことは、

ここでは他人の容姿について、年齢について、宗教について、政治の信条について、セクシュアリティについて、など(リストは長くなるので割愛しますが)

軽々とコメントをしないものだ、ということでした。


だいぶ前に聞いた話ですが、日本のテレビに出たアリアナ・グランデちゃんに芸人の近藤春奈ちゃんが「ほーら、わたしぶっさいくだからー」と自虐ネタを振ったところ

真面目な顔で「なんでそんなことを言うの?わたしはあなたはとってもかわいいと思うわ?」と返されて困ったらしいです。


テレビだからでしょ?と思われるかもしれませんが、アメリカでは別に誰が何を着ていても、どんな体型でも(太っていても痩せていても)、どんな顔でも、間違っても本人に向かって否定的なことはまず言いません。

それはとてもとても失礼なことだから。
もし言うなら喧嘩を覚悟の上です。


いろんな体型の人、肌の色、信条を持った人、違う人がたくさんいて、みんな違うけどそれでオッケー。


逆に、その服かわいいね、とか新しい髪型いいね、とか、あれ最近ワークアウトしてるの?引き締まってきたね、とか相手をほめる言葉はたくさん言います。


でも日本だとテレビを付ければぽっちゃり芸人さんはデブキャラで売っているし、ブサイクキャラでブスいじめをネタに笑いを取っている人もいるし(自虐ネタが多すぎる)、

メディアでは何歳になったらこういう服を着るのは「イタイ」と、人を軽々とバッシングしています。


テレビのコメンテーターも、職場の上司も、知り合いのおばちゃんも、人のことについて気軽にコメントしすぎじゃないっすか、と思うわけです。


別に何歳になっても着たい服を着りゃーいいじゃないっすか、それは本人の自由じゃないっすか?

仮にもし誰かが多少なりとも不美人だったとして、それを本人にわざわざ言わないといけない理由って何よ?そういうのは自分の心の中に留めて置けばいいんじゃね?


少し前にビデオに「僕はあなたの顔を女性として魅力的に感じません」とわざわざコメントを残していった人がいて、


はあそうっすか、見ず知らずの会ったこともない赤の他人にそう言われても屁でもないっすけどね、と思ったのですが

(つーか夫にとって世界で一番かわいいと思ってもらえればわたしはそれでいいわけで、他の人はわたしにとっちゃ芋っすよ、ポテトっすよ)


うちのビデオに限らず、わたしが好きで見ている他のユーチューバーさんのビデオにもこういうコメントをする人はいるようです。


まあどこにでも(リアルでもネットでも)こういう人はいるんでしょうね。


英語には「何かいいことを言えないのであれば、口をつぐんでいた方がいい」という言い回しがあります。


なんか、自分の貴重な時間を誰かのブログなりYouTubeなりにコメントを書くことに費やすのであれば、せっかくだから何かいいことを言うのにその時間を使えばいいと思うわけです。


だってぶっちゃけて言うけど、太ったねとか顔の作りをどうこう言われて「うわぁー嬉しいありがとう!」って思う人はいないっしょ。


どうせ口を開く(実際に面と向かって言う場合も、ネットで書き込みをする場合も)のであれば、誰かを傷つけるのではなくて、

誰かを少しだけでも幸せにできる言葉をかけることができたら、この世界はもう少し優しい場所になるのではないかなと思います。



↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

6 件のコメント:

  1. 私もこれにはよく驚かされます。
    たまに日本に里帰りすると、友達や家族からアメリカでは身内でもそんなこと言わないよということを言われるんで。
    太った、やせた(やつれた)、老けた、日に焼けすぎてる、肌が荒れてる、しわが増えてる、などなど。
    関係が近い人がそう言うのは親切心からでしょと思う人がいるけど、言われなくても本人はちゃんと自覚してて、できれば触れないでほしいと思っていたりする。
    いやー、こんなに言われ続けたら自己肯定感低くなるよね。
    アメリカでもたまにはっきり言う人いるけど、その場合は喧嘩になって絶交されてもしかたないし、その人は大変失礼な人か考えないで発言するおバカさんとして認識される。
    日本人って礼儀正しいんじゃなかったっけ?
    なんでなんでしょう。
    人にそういうこと言いたくなるのは。
    ストレスがたまってるから?


    返信削除
    返信
    1. ねー!日本人の自己肯定感が低いのはそのせいも絶対にありますよね。出る杭は打たれる的な。わたしは絶対に人に対してそういうことは言いたくないなと思うのですが、本当にネットでも実の世界でも余計なお世話!と言いたくなる人っていますね。なんかひとこと言わないといけないような気がするのかなー。

      削除
  2. 数日前にyoutubeにコメント読んだとき そのコメントありましたね。
    グローバル感が全くない井の中の蛙さんに何言っても ネガティブにしかとられないので無視が一番。Daisyさん 太ってないし健康的で理想です。
    (私は太りは戻しの繰り返しですが 職場の人は何も言わないけど とても親しい同僚は言ってくる 私も太ったけどあなたも太ったねって で 会話が延々 どうやって痩せるかと こういうのはいいよね)
    「僕はあなたの顔を女性として魅力的に感じません」 ??? お前は何様? 嫌なら見るなですよね。聞いてるだけでムカつくのと諦めの境地。

     

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。ネットに限らず、他人のことにあれこれ言うのはもう文化なのかなーと思うようにしたほうがいいかもしれませんね(;^_^A
      大昔はそれで村というかコミュニティが助け合って、結婚してない人には誰かお見合いで紹介したりして、助け合っていたんだと思うのでその名残なのかなーと思います。

      削除
  3. なんかすごくいい話ですね。
    みんな違っていていい。自由。紙に書いて貼っておきたい。
    そして、同じ時間を費やすなら相手を幸せにすることに使った方がいい。
    ホントにその通りです。
    いつも忘れずにいたい。けど、つい噂話とか愚痴とか否定とか出ちゃいそうだから、ゆかりさんの動画見るたびに思い出しますね(^。^)

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。ネガティブなエネルギーってなんか引きずられてしまうので、できたらなるべくハッピーに暮らしたいなーと思います☺

      削除

人気の記事