9/07/2020

外食しない代わりに、毎日ちょっとした贅沢を。

オクラホマのド田舎に引っ越してきて以来、外食をとんとしなくなりました。


一応数軒レストランはあるものの、一度行ってみて「うん、このクオリティにこの値段を払う気はないな!」と夫と意見の一致を見たので行くのをやめました。


たまーーーーに隣町(車で1時間)に行くとか、オクラホマシティ(車で2時間)に行くとかそういう時にのみ、外で自分以外の誰かが作ってくれたごはんを食べるという贅沢を味わっています。

それすらもコロナの影響でずいぶん長いこと行けてませんが(;^_^A


日本にいた時はおしゃれなカフェとか美味しいごはんやさんがいっぱいあったのに・・・
フロリダにもカリフォルニアにもお気に入りのタイレストランがあったのに・・・

とか言ってみてもしょうがないので、家でのごはんを充実させる方向に労力を向けています。


我が家で工夫していることは


1.家で食べるごはんを作るための材料費はあまりケチらない

→一度おしゃれカフェのメニューでアボカドトーストのお値段を見てぶっとんだ覚えがあるのですが、家で作ればアボカドトーストなんて安くていっぱい食べられます。

ちょっと美味しいお米、ちょっと美味しいパスタなど、それなりに手の届くお値段であれば多少の贅沢は許してもいいことにしてます。


2.調味料はいいものを使う

→料理をするときの油も、安い菜種油でも料理出来るけどオリーブオイルを使ったり、食卓塩ではなくヒマラヤンソルトを使う、みりん風調味料ではなく高くてもみりんを買う、など。


3.お茶やコーヒー豆に投資する

→そもそもうちの町田舎なもんでまずスタバやおしゃれカフェがないんですけどね・・・

昔はあのロゴを見かけるとつい吸い込まれるように通っていたものですが、今は家でコーヒー淹れて飲めばいいやーと思ってスルーできるようになりました。


でも去年テキサスに遊びに行った時に、カフェで久しぶりにバリスタが淹れてくれたソイラテ飲んだら美味しくてしびれました。

美味しいコーヒーを淹れてもらえるお店が近くにあるような街に住みたい・・・(切実)


4.たまには冷凍食品をあたためるだけでもいいことにする

→疲れているときとか、ゴハンを作るのが面倒な時とかでも外食に行きたいと思えるレストランがないので、そういう時のためにたまには冷凍食品をそのまま食べてもいいことにしています(笑)


世間を騒がせたとかいうポテサラ問題、余計なお世話ですよねー本当に。

そのおうちがそれで美味しくその日ゴハンが食べられたらそれでいいじゃんとわたしは思うのですが。


外食でもおうちごはんでも、作る人も食べる人も皆が笑顔になれるようなごはんが食べられるといいですねー。

ごはん作りは果てしなく続くので、たまには力も抜きつつゆるっと作っていきたいと思います。


↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事