11/09/2020

【アメリカ】今回の大統領選について感じたこと

タイトルの通り今日は今回の大統領選についての所感なんですが、正直なところを言うと「メディアがここまで言論統制されているとは思わなかった」というのが一番です。


これはもう、トランプ大統領に対する大掛かりないじめやーん・・・。


と思うんだけど、これは今に始まったことじゃなく、そもそも5年前に出馬を表明した時からメディアではボッコボコだったことを思うとある程度想定内ではありました。

それにしてもこれはちょっとひどいよな、現職大統領に対する報道じゃないよなというのが個人的な感想です。


それよりも、これだけメディアがこぞって片側に偏って報道しているのを見て何かおかしいな?と思わない人が多いことの方がこわいなーと思いますね。


そして、それほどまでに叩かれる人物にも関わらず、あれだけの数のサポーターが付いているという点に「なんでだろう?」と疑問を持たないのも不思議です。


個人的にはこれで大統領選に決着がついて終わったとはまだ思っていなくて

12月8日までに訴訟の片が付かなければ、州議会の決定次第では結果は逆転する可能性があると考えています。


実際に、今回のスウィングステートであったペンシルベニア、ウィスコンシン、ミシガン、ジョージアは議会は共和党が多数を占めているのでありえない話でもないわけで。


2000年のブッシュ対ゴアの時は、ゴアが敗北宣言をしたのでこのシナリオには至りませんでしたが、フロリダをめぐる攻防でブッシュ側では合衆国憲法第二章の適用を考えていたと言いますしね。


そもそもあれだけ不正だ、ミスカウントだと言われているのにそのまま押し切ってしまうバイデン陣営とメディアってやっぱり何かおかしいやん・・・と思うわけです。


わたしが思ったところで何が変わるわけでもないのですが、たぶん実際に決着がつくまでには思ったよりも時間がかかりそうなので

あまり楽観的にも悲観的にもならず、ニュートラルに事の行方を見守りたいと思っています。


(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン


↓インスタ始めました、よかったら見てね♡↓





↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事