1/10/2021

気持ちの余裕がないとできないこともあるよねってハナシ

今日は久しぶりにパンを焼きました。


11月頃から年末年始にかけてカリフォルニアへの引っ越し関係で忙しく、落ち着くまでに時間がかかってしまい

今日やっと「あ、そうだパンを焼こう」という気持ちの余裕が出てきたのでした。


かろうじて毎日家でごはんをちゃんと作って食べていても、たとえば作り置きをしたり、パンを焼いたり、お漬物を漬けたりするのって+アルファ、つまり余裕の産物だと思うのです。


ちなみに新しい環境になじむまでの間は市販のパンを購入してました(;^_^A

それでいいんだと思います。
しんどい時は無理せんでもよかたーい。


余裕の産物といえば、わたしにとってはSNSもその代表みたいなもんです。

ブログはなんとなく毎日書いてはいるけど、これを書くための15分くらいの気持ちの余裕が捻出できなくなったら、それはかなりお疲れなのではないかと思われる。


Instagramとか、YouTubeとか、そういうのって仕事でやっている方ならいざ知らず、わたしは気持ちに余裕がないと発信する伸びしろがないというか

生活が落ち着いて初めて「さ、じゃあビデオでもやるか」とか「インスタでも投稿すっか」と思えるのでありました。


よく知らない新しい町へ引っ越してきて、そろそろ慣れたかしら?という頃に夫が単身赴任へ行ってしまったもんで


がらーんとした家の中で、好きな時間に起きて好きなことをしていてもよくて、何時にご飯を食べても(食べなくても)大丈夫!

という生活もまたちょっと久しぶりすぎるし(今までも夫の長期出張はあったけどね)慣れるまでに時間がかかっちゃっているんだと思います。


引っ越しのバタバタに加えてあれこれ変化が続いて、多分疲れちゃっているんだなぁ。


わたしは変化への適応能力自体は割とあるほうだとは思いますが(でないと転勤族のヨメなんてやってられない)どこへ行ってもやっていける=どこへ行ってもすぐ慣れる、でもないようで。


少しずつ、この近所にあるお店を開拓して、どこのお店に行ったらいつものあれが売っているかというのが決まってきたり

朝起きたらあれをして、ごはんを作って、昼間はこれをしてというルーティンが決まってきたら、また「いつもの暮らし」が戻ってくるはず。


そしてその日は多分そんなに遠くないと自分的には感じるのでありました。


冬来たりなば春遠からじ、ってことかも。
ちょっとまだしんどいけど、もう少しがんばろう。



↓ブログ村登録してみました!よかったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事